2024-02-26

[EU]RASFF 2024(0218-0224)

警報通知(Alert Notifications)

ガーナ産マンゴーのクロルピリホス・ジメトエート及びオメトエート、原料インド産クミンのピロリジジンアルカロイド、イタリア及びスペイン産冷凍イカのカドミウム、スペイン産ピザの箱の鉛・フタル酸エステル類及び光開始剤、イタリア産鹿サラミの鉛、ベトナム産バジルエッセンシャルオイルのフタル酸ジエチルヘキシル (DEHP)、ドイツ産アーモンドクッキーのシアン化物高含有(複数あり)、ベトナム産カエルの脚の禁止物質ニトロフラン(代謝物質)フラゾリドン (AOZ)、メキシコ産オールスパイスのクロルピリホス、チェコ共和国産フルーツグミのHHC、スペイン産冷凍アオザメの水銀高含有、フランス産パイナップルのエテホン、

注意喚起情報(information for attention)

ウクライナ産飼料用乾燥リンゴ果肉のクロルピリホス、エジプト産グアバのクロルピリホス及びイミダクロプリド、ケニア産ポーランド企業向けアールグレイ紅茶のピロリジジンアルカロイド、ベトナム産ランブータンのカドミウム、ウクライナ産生鮮リンゴのプロパルギット、ウクライナ産ビール醸造粕のクロチアニジン、、南アフリカ産生食用ブドウのエテホン、、トルコ産マンダリンの未承認物質塩化ジデシルジメチルアンモニウム、

通関拒否通知(Border Rejections)

北マケドニア産ミックスサラダのクロルピリホス、エジプト産冷凍パプリカのフルメトラリン、トルコ産殻付きピスタチオのアフラトキシン(複数あり)、スリランカ産ハーブティーの未承認植物性物質Hemidesmus indicus、エジプト産オレンジのジメトエート、中国産ヘラからの銅の溶出、、ベトナム産ドラゴンフルーツのホルクロルフェニュロン、ベトナム産トウガラシのペルメトリン(複数あり)、ベラルーシ産キャンディの未承認着色料二酸化チタン(E171)、中国産ピーナッツのアフラトキシン(複数あり)、バングラデシュ産豆のクロルピリホス・アセフェート及びフェンプロパトリン、米国由来トルコ産殻をとったピスタチオのアフラトキシン類、イラン産ピスタチオのアフラトキシン、エジプト産オレンジのプロフェノホス、トルコ産乾燥イチジクのアフラトキシン類、、インド産エビの亜硫酸塩非表示、インド産有機ワサビノキの葉のフィプロニル・ビフェントリン・ビフェニル・カルベンダジム・クロチアニジン・チアメトキサム及び禁止物質DDT、エジプト産ピーナッツのアフラトキシン、バングラデシュ産フジマメのカルボフラン・クロルフェナピル・フェンプロパトリン及びクロルピリホス、

 

[NSW]研究によると、学校ランチは冷たいほど良い

Study shows lunches can never be too cool for school

February 26, 2024

https://www.foodauthority.nsw.gov.au/news/general-news/study-shows-lunches-can-never-be-too-cool-school

学校用ランチの安全な保管や注意事項について。ランチボックスの調査については以下。

https://www.foodauthority.nsw.gov.au/about-us/science/science-in-focus/lunch-boxes

2023年ランチボックス調査と実験

オンライン調査。2425件の回答で、主に小学生

学校に持っていくランチは最も多いのがサンドイッチ

あとはカットフルーツと丸ごとフルーツが各5%程度、ご飯、パスタ、麺類はそれぞれ5%未満

 

[FSA]ミラクルミネラル溶液と亜塩素酸ナトリウム溶液

Miracle Mineral Solution and Sodium chlorite solutions

13 February 2024

https://www.food.gov.uk/business-guidance/miracle-mineral-solution-and-sodium-chlorite-solutions

ミラクルミネラル溶液(Miracle Mineral Solution:MMS)と亜塩素酸ナトリウム溶液、それらの健康への危険性及びそれらの販売や消費を防ぐために英国国家食品犯罪対策局(NFCU)が取り組んでいることを紹介する。

 

[FDA]リコール

-Nordic NaturalsはビタミンD3レベルの上昇のため、Baby's Vitamin D3 Liquidの自主的リコールを発表する

Nordic Naturals Issues Voluntary Recall of Baby's Vitamin D3 Liquid Due to Elevated Levels of Vitamin D3

February 19, 2024

https://www.fda.gov/safety/recalls-market-withdrawals-safety-alerts/nordic-naturals-issues-voluntary-recall-babys-vitamin-d3-liquid-due-elevated-levels-vitamin-d3

 -Nordic NaturalsはビタミンD3レベルの上昇のため、Baby's Vitamin D3 Liquidを消費者レベルで自主的リコール。製造上のミスが原因で、ビタミンD3の過剰量により超強力な用量の可能性がある。製品写真あり。

 

-Backstage Center社は、「Alipotec King」のラベル表示されたダイエタリーサプリメント「Alipotec Raiz de Tejocote(テホコテ根)」約280本ボトルのリコールを発表する。

Backstage Center is Issuing a Recall of Approximately 280 Bottles of Alipotec Raiz de Tejocote, Dietary Supplements, that are Labeled with the "Alipotec King" Sticker

February 23, 2024

https://www.fda.gov/safety/recalls-market-withdrawals-safety-alerts/backstage-center-issuing-recall-approximately-280-bottles-alipotec-raiz-de-tejocote-dietary

 テホコテ根のサプリメントのリコール。有毒なキバナキョウチクトウが含まれている。

 

-GA Mart社はメキシコと中米原産の有毒植物であるキバナキョウチクトウ(Thevetia peruviana)のため、H&NATURAL TejoRoot及びH&NATURAL Brazil Seedダイエタリーサプリメントを全国で自主的リコール

G.A. Mart Issues Voluntary Nationwide Recall of H&NATURAL TejoRoot and H&NATURAL Brazil Seed Dietary Supplements Due to the Presence of Yellow Oleander (Thevetia peruviana), a Poisonous Plant Native to Mexico and Central America

February 23, 2024

https://www.fda.gov/safety/recalls-market-withdrawals-safety-alerts/ga-mart-issues-voluntary-nationwide-recall-hnatural-tejoroot-and-hnatural-brazil-seed-dietary

 製品に有毒なキバナキョウチクトウが含まれている。

 

[FDA]プレスリリース

-他の規制当局と協力する重要性 – MHRA CEO Dr. June Raineへのインタビュー

The Vital Importance of Working in Partnership with Other Regulators – An Interview with MHRA’s CEO Dr. June Raine

02/20/2024

https://www.fda.gov/international-programs/global-perspective/vital-importance-working-partnership-other-regulators-interview-mhras-ceo-dr-june-raine

 英国医薬品医療製品規制庁(MHRA)のCEO Dr. June Raineへのインタビュー。MHRAの紹介、米国食品医薬品局(FDA)との協力の重要性について説明する。

 

-FDAはダイエタリーサプリメントとして販売される製品に使用される成分の新しいディレクトリを立ち上げる

FDA Launches New Directory of Ingredients Used in Products Marketed as Dietary

Supplements

February 21, 2024

https://www.fda.gov/food/cfsan-constituent-updates/fda-launches-new-directory-ingredients-used-products-marketed-dietary-supplements

米国食品医薬品局(FDA)は、Webページの名称を「Dietary Supplement Ingredient Directory」から「Information on Select Dietary Supplement Ingredients and Other Substances(選択されたダイエタリーサプリメント成分及びその他の物質に関する情報)」に変更するなど、成分ディレクトリを更新した。

Information on Select Dietary Supplement Ingredients and Other Substances

https://www.fda.gov/food/dietary-supplements/information-select-dietary-supplement-ingredients-and-other-substances

 

-チアネプチン

Tianeptine

02/15/2024

https://www.fda.gov/consumers/health-fraud-scams/tianeptine

FDAはチアネプチン製品の使用に関して注意喚起を行う。

 

[ODS]ODS更新:ダイエタリーサプリメント科学の最近の発展

ODS Update: Recent Developments in Dietary Supplement Science

February 20, 2024

https://content.govdelivery.com/bulletins/gd/USNIHODS-38a8479

ダイエタリーサプリメントが妊娠中の栄養状態をどのように高めることができるかについての理解を深める3つの文献(オメガ-3 脂肪酸、カルシウム、ビタミン B12)を紹介する。

 

-ファクトシート

-マルチビタミン/ミネラル

Multivitamin/mineral Supplements

Fact Sheet for Consumers

February 15, 2024

https://ods.od.nih.gov/factsheets/MVMS-Consumer/

 「What are some effects of MVMs on health?(MVM(multivitamin/mineral)が健康に与える影響は何か?)」を更新。この項目では、高齢者の認知機能に対するMVMサプリメントの効果を調べた別の研究を追加。

https://ods.od.nih.gov/factsheets/MVMS-Consumer/#change

 

Fact Sheet for Health Professionals

February 15, 2024

https://ods.od.nih.gov/factsheets/MVMS-HealthProfessional/

 「MVMs and Health」の項目を更新し、高齢者の認知機能に対するMVMサプリメントの効果を調べたCOSMOS-Clinic研究の結果を追加。

https://ods.od.nih.gov/factsheets/MVMS-HealthProfessional/#change

 

[HK]法令違反等

-ベルギー連邦フードチェーン安全庁 - Terre Exotiqueブランドのクコの実入りフルーツブランチ製品の原材料の未承認の放射線処理によるベルギー国内でのリコールに関する通知。The Federal Agency for the Safety of the Food Chain of Belgium A notice regarding a recall of Terre Exotique brand baie de goji and brunch fruité products in Belgium due to unauthorized radiation treatment of raw materials.

21 February 2024

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20240221_4.pdf

 

-ベルギー連邦フードチェーン安全庁 - 過剰なピロリジジンアルカロイドのために、ベルギーにおけるVerstegen Spices & Sauces SAブランドのメキシカンブリトー調味料ミックス製品のリコールに関する通知

The Federal Agency for the Safety of the Food Chain of Belgium issued a notice regarding a recall of Verstegen Spices & Sauces SA brand Mexican Burrito Seasoning Mix product in Belgium due to presence of excessive pyrrolizidine alkaloids.

21 February 2024

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20240221_3.pdf

 

-マカオ市政局食品安全部(IAM)より- 台湾Miaoli郡の公衆衛生局はHsia Wei Hsienブランドのエビスナック(蝦味先牌蝦條零食產品)が台湾で使用が禁止されている着色剤であるスーダンIIIを含む可能性があるとしてリコール通知

The Department of Food Safety of the Macao Municipal Affairs Bureau (IAM) reported that the Miaoli County Public Health Bureau of Taiwan Region has recalled Hsia Wei Hsien Brand Shrimp Strips (蝦味先牌蝦條零食產品) as they may contain Sudan III, a colouring matter prohibited for use in food in Taiwan.

22 February 2024

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20240222_1.pdf

 

[USDA]APHISは規制状態レビュー対応を発表

APHIS Issues Regulatory Status Review Responses

Feb 22, 2024

https://www.aphis.usda.gov/aphis/newsroom/stakeholder-info/stakeholder-messages/biotechnology-news/rsr-corn

・Inari Agriculture, Inc.社の高収量遺伝子組換えトウモロコシ

・Greenlab, Inc.社の除草剤耐性で種子にブラゼインという甘味タンパク質を生産する遺伝子組換えトウモロコシ

(トウモロコシを甘くするためではなくて高強度甘味料を生産するのが目的)

 

[FSANZ]食品基準通知

Notification Circular 282-24

23 February 2024

https://www.foodstandards.gov.au/food-standards-code/consultation/circulars/notification-circular-282-24

新規申請と提案

・シチコリンの調整カフェイン入り飲料中の栄養物質としての使用

パブリックコメント募集

・GM Corynebacterium glutamicum由来2’-FLの乳児用調整乳への使用

プレスリリースは以下

Call for comment on new source of human identical milk oligosaccharide in infant formula products

23 February 2024

https://www.foodstandards.gov.au/news/call-comment-new-source-human-identical-milk-oligosaccharide-infant-formula-products-0

 

食品基準改定

・除草剤および昆虫耐性トウモロコシ系統DP51291由来食品

・MRL

など

 

論文

意思決定における科学と意見:スリランカでの食料安全保障の崩壊のケーススタディ

Science and opinion in decision making: A case study of the food security collapse in Sri Lanka

Akila Wijerathna-Yapa, et al.,

Modern Agriculture Volume 1, Issue 2 p. 142-151

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/moda.18

オープンアクセス

安全保障に関連する意思決定は、極めて複雑な仕事である。科学、文化、経済、持続可能性、気候変動など多様な視点が必要になる。上手な意思決定には代替案の比較と帰結のランク付け、影響比較などを科学に基づいて慎重に行わなければならない。最近のスリランカでの食料安全保障の崩壊シナリオはこの意思決定の重要さとデマの帰結の痛烈な注意喚起である。スリランカの不幸な状況に意図的・非意図的なデマが関係したことは明白である。壊滅的帰結を避けるためにはデマのタイムリーな同定と対策が重要である

(デマの例としてとりあげられているのが、原因不明の慢性腎疾患(CKDu)がグリホサートによるものだという説。オーガニック農業推進者が意図的か意図的でないかはわからないがたくさんの嘘を発信して政策を歪めた。)

 

その他

-Scienceニュース

初めて広く消費されるゲノム編集動物になる予定のウイルス耐性ブタが市場に向かう

Poised to be first widely consumed gene-edited animals, virus-resistant pigs trot toward market

23 FEB 2024 BY JON COHEN

https://www.science.org/content/article/poised-be-first-widely-consumed-gene-edited-animals-virus-resistant-pigs-trot-toward

ブタ繁殖・呼吸障害症候群に耐性のあるブタが米国で安全だと認められるのが近い、と企業が言う

Genus plc社が年末にもFDAから公式にヒト食用に認められることを期待。

 

-SMC NZ

EPAが「ヌル分離個体(ヌルセグレガント)*」はGMOではないという-専門家の反応

EPA says ‘null segregants’ aren’t GMOs – Expert Reaction

22 February 2024

https://www.sciencemediacentre.co.nz/2024/02/22/epa-says-null-segregants-arent-gmos-expert-reaction/

(*遺伝子組換え個体同士または遺伝子組換え個体と非遺伝子組換え個体を交配して得られた後代の個体の中で、導入した外来遺伝子を持たないもののこと)

EPAがヌル分離個体は遺伝子組換え生物とはみなされないと明確化した。

EPA clarifies GMO definition

22 February 2024

https://www.epa.govt.nz/news-and-alerts/latest-news/epa-clarifies-gmo-definition/

SMCは専門家のコメントを求めた

AgResearch科学チームリーダーRichard Scott

この明確化はNZの研究にとって歓迎すべき。研究者はこれまで明確にそう思っていたが規制機関が明確化した。

Plant & Food Research主任科学者Richard Newcomb博士

ヌル分離個体は植物研究開発にとって有用なツールになり得るため新たな道をひらいた。

オークランド大学植物分子遺伝学教授Jo Putterill

新しい交配技術を活用可能にするのは歓迎

オタゴ大学数理統計学部定量遺伝学准教授Phillip Wilcox

この再分類は諸刃の剣である、特にマオリにとっては。1次産業にとっては遺伝的改良を加速しニュージーランドの国際競争力を強化する可能性がある。一方それを担う研究機関や交配企業はほとんどがマオリではなく、マオリが傍観者として除外されるリスクがある。

カンタベリー大学生物科学Jack Heinemann教授

Massey大学分子遺伝学名誉教授Barry Scott

Scion木のバイオテクノロジープロジェクト長Glenn Thorlby博士

オークランド大学植物と食品研究所Andrew Allan教授

AgResearch名誉科学者Tony Conner博士

(コメント略。あくまで古い技術の話で、ゲノム編集で突然変異を入れたりしたものはNZではGMOのまま。区別できるかどうかは知らない。オーガニック団体がどう判断するかは不明)

 

-二酸化炭素排出量が少ない食品は農家市かスーパーマーケットか?

Are farmers markets or supermarkets the low carbon food choice?

By Mark Harris February 9, 2024

https://www.anthropocenemagazine.org/2024/02/are-farmers-markets-or-supermarkets-the-low-carbon-food-choice

地域振興と気候対策はどちらも重要だが必ずしも揃わない

都市部のファーマーズマーケットは環境意識の高いライフスタイルの象徴になっているが、現在の慣行農業は極めて効率が良い。そのため我々は板挟みになっている。

(フードマイルや買い物かごなどはマイナーで、慣行農業の圧倒的な生産効率が優位。ただし地域活性化は別の意味で重要、といった話。条件次第で大きく動く一つの「数値」を盲目的に信じてはいけない)

 

-あなたは多分リーキー・ガットではない

You Probably Don’t Have a Leaky Gut

Jonathan Jarry M.Sc. | 23 Feb 2024

https://www.mcgill.ca/oss/article/medical-critical-thinking/you-probably-dont-have-leaky-gut

リーキー・ガット症候群は現実の診断ではない。しかしあなたが鏡の国のアリスのように迷宮に入り込むと、それは現実のものとなるだろう

2023年のカナダのNaomi Kleinの著書「ドッペルゲンガーDoppelganger」では、多くの人々がそこに住んでいるように見えるオルタナティブ現実を説明するのに鏡の国の概念を使っている。鏡の国ではあらゆることがパラノイアと不信と魔法的考えによって間違った解釈をされる。そして鏡の国ではリーキー・ガット症候群が流行している。

(長い記事)

重要メッセージ

・リーキー・ガット症候群は医学的に受け入れられている診断ではないが、統合医療、ナチュロパシー、機能性医学の中ではよく見られる

・腸の透過性の変化は炎症性腸疾患、腸の感染などでみられるが、それはこうした病気の結果であって原因ではないようだ

・リーキー・ガット症候群の診断にしばしば使われるラクツロース-マンニトール検査は信頼できないもので、しばしば根拠無くダイエタリーサプリメントが処方される

 

-水素添加風呂水と一緒に、赤ん坊まで捨ててはいけない。(諺:細事にこだわり大事を逸する)

Don’t Throw the Baby Out With the Hydrogenated Bathwater

Joe Schwarcz PhD | 23 Feb 2024

https://www.mcgill.ca/oss/article/health-and-nutrition/dont-throw-baby-out-hydrogenated-bathwater

水素水の効能とされるものが何度も宣伝されるので疑いたくなるが、調査せずに却下しないように

Dr. Hidemitsu Hayashiの「水素リッチ水スティック」という商品とその宣伝パンフレットについて質問があった。そのスティックは超微細孔ポリエチレン樹脂に入った99.9%マグネシウムで、水と反応して水素を作る。しかし水素は揮発性なのでどのくらい水に溶けるかはわからない

(長い記事略。これttp://water-institute.org/profile.php。子どもが継ぐくらい儲かるのかぁ・・)

 

-食品中二酸化チタン。欧州はいらないといいカナダは合意しない

Titanium Dioxide in Food. Europe Says No Way, Canada Disagrees

Joe Schwarcz PhD | 21 Feb 2024

https://www.mcgill.ca/oss/article/medical-critical-thinking/titanium-dioxide-food-europe-says-no-way-canada-disagrees

どうして欧州とカナダの科学者は同じデータから違う結論に至ったのか?

最近のCBCテレビの番組Marketplaceで、何故欧州では二酸化チタンのような食品添加物が禁止されてここカナダでは認められているのかを探った。普通の消費者からアメリカの活動家団体CSPIのようなインタビューを受けた人達はカナダが欧州と同じ保護を提供していないことに懸念を表明していた。

私は食用色素は好きではないが、なぜならその目的が栄養価の低い食品を魅力的にする以外にないから、それでも学術文献を検討すれば欧州の二酸化チタン禁止は正当化できないと考える。私はヘルスカナダの立場に根拠があると信じる。

どうして欧州とカナダの科学者は同じデータを見て異なる結論に至ったのか?欧州規制機関は予防原則が好きで、それはどんな僅かなリスクの示唆であっても物質の使用を禁止する哲学的見解である。一方ヘルスカナダは実際にその物質と出会う状況を考慮してリスクを評価した。

(解説略)

まとめると、ヒトに当てはまる研究を参考にすれば、食品中の二酸化チタンを心配する必要は無い。しかしこれが使われている食品、キャンディやガムやグミやコーヒークリームなどは、二酸化チタンが含まれるからではなくて栄養成分を理由に制限するべきである。

 

-動画

水素水

Should you believe the hype for hydrogenated water? | The Right Chemistry

https://www.youtube.com/watch?v=BQgnokcvHcw

 

私の理想の科学に基づいた朝食

Cup o'Joe-My Ideal Science-based Breakfast

2024/02/22

https://www.youtube.com/watch?v=19_MYgFyngA&t=57s

 

-ノー、あなたのCheeriosは有害な農薬まみれ、ではない

No, your Cheerios aren't filled with harmful pesticides

  1. ANDREA LOVE 2024/02/19

https://immunologic.substack.com/p/no-your-cheerios-arent-filled-with?r=58g9p&utm_medium=ios&utm_campaign=post

いつものようにEWGがたちの悪い科学を使って消費者を怖がらせている

EWGとメディアは人々を怖がらせて安全で栄養のある普通の食品から遠ざけようとする。

EWGは有機農産物を推奨する活動家団体で、その資金源はEarthbound, Organic Valley, Stony Field Farms, Applegate Farmsのような大規模有機農場である。慣行栽培製品を悪魔化することで消費者に有機製品を買わせようとする。EWGはデマキャンペーンによって毎年1300万ドルを稼ぐ。EWGは消費者にリスクを誇大に宣伝して警告する。現代農業、バイオテクノロジーに反対でワクチンの安全性についても根拠のない主張を拡散している。

EWGの主張を専門的情報源として使ってはならない。

EWGが最近標的にしているのはオートムギベースの製品のクロルメコートである。EWGは製品や尿中からクロルメコートが検出され、最近増加していると主張する。その濃度はppbレベルである。痕跡程度のクロルメコートは健康上の懸念にはならない。

(長い説明の一部のみ

EWGによる「論文」

A pilot study of chlormequat in food and urine from adults in the United States from 2017 to 2023

https://www.nature.com/articles/s41370-024-00643-4

それを利用した集団訴訟

https://www.classaction.org/media/fitzgerald-v-the-quaker-oats-company.pdf

 

-SMC UK

感染後ME/CFS患者の詳細表現型調査研究への専門家の反応

expert reaction to study of deep phenotyping of patients with post-infectious ME/CFS

FEBRUARY 21, 2024

https://www.sciencemediacentre.org/expert-reaction-to-study-of-deep-phenotyping-of-patients-with-post-infectious-me-cfs/

Nature Communicationsに発表された研究が、感染後ME/CFS患者の表現型を調べた

Oxford大学、John Radcliffe病院、Nuffield女性の生殖健康学部(NDWRH)主任研究者Karl Morten教授

これは重要な論文で結果を見られて嬉しい。さらに次の段階に行くには大きな研究費が必要だ。

Edinburgh大学医療バイオインフォマティクス座長Chris Ponting教授

この長く発表が待たれた研究は感染後ME/CFS患者17人と年齢や性をあわせた21人の健康なボランティアとを比較した探索的研究である。細胞や分子や自律神経などを詳細に調べた。その結果脳脊髄液中分子の量や、筋肉、血液免疫細胞などが違うことが示された。これは相関で、原因はわからない。将来17人より多い患者、感染後ではないME/CFS患者などを含めるべきだろう

Quadram生命科学研究所研究者Katharine Seton博士

この研究はこれまで必要だったものだ。歴史的にME/CFSの研究はたった一つの側面だけに集中して断片的な情報しか提供してこなかった

Deep phenotyping of post-infectious myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome

https://www.nature.com/articles/s41467-024-45107-3

オープンアクセス

(共同研究者がたくさんいる「大規模」研究。484人のME/CFSのヒトから、217人に詳細を問い合わせ27人が本人に会って評価し17人が感染後ME/CFS患者と確認された。定義にあう割合がとても少ない。平均年齢37.8才、男性41%、白人88%、高卒以下は一人もいなくてBMI25.9と、アメリカ人にしてはかなり偏った集団に見える)

2024-02-21

[BfR]トラはハザードだが必ずしもリスクではない理由-リスクとハザードの違い

Why a tiger is a hazard, but not necessarily a risk - The difference between risk and hazard

https://www.bfr.bund.de/en/why_a_tiger_is_a_hazard__but_not_necessarily_a_risk___the_difference_between_risk_and_hazard-314625.html

Q & A

ハザードとリスクを区別するものは?

現在まで、ハザードとリスクという用語の統一された定義はない。科学用語では区別されているが、分野によってその使用は大きく異なる。例えば、自然科学と人文科学には分野の背景に基づいた独自の定義がある。リスク評価では、ハザードは、ある状況や物質が健康に害を及ぼす可能性を説明している。一方リスクは、ある状況や物質によって健康に害が及ぶ可能性や、その害の重大性を説明している。

ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)ではリスク評価はどのように行われているのか?

ドイツでは、BfRが消費者の健康保護や食品・飼料の安全性分野におけるリスク評価を担当している。この評価は4段階のシステムを用いて実施され、ハザード同定、ハザードキャラクタリゼーション、暴露評価及びリスクキャラクタリゼーションが含まれている(健康リスク評価のガイドライン参照)。

どのような段階がリスク評価プロセスの一部なのか?

第1段階は、健康に有害影響を及ぼす可能性のある状況や物質を特定し説明することである(ハザード同定と呼ばれる)。その後、健康に起こりうる有害影響が評価される。リスク評価では、これはハザードキャラクタリゼーションと呼ばれる。リスクは状況や物質の有害性とそれに接触する可能性から算出される。後者は暴露と呼ばれる。このレベルは第3段階、暴露評価で特定される。最後に、リスク自体が特徴付けされる。これには潜在的な害の種類や実際に起こる可能性の分析(リスクキャラクタリゼーションとして知られている)が含まれている。

ハザードとリスクを区別することはなぜ重要なのか?

日常生活において、我々は絶えず潜在的に危険な状況や物質と接している。だが、必ずしも健康にリスクがあるわけではない。ハザードとリスクが伝えられる際に、必要な区別がないと誤解が生じる。ほとんどの場合、食品中にただ物質が存在するだけで、科学的見解から有害健康影響が予想されない場合でも、問題があると考えられる。言い換えると、物質が有害でも、消費者がある程度暴露した場合にのみリスクがある。暴露の種類(食品、皮膚、呼吸器を介した摂取)は、摂取した物質の量と同様にまさに重要である。パラケルススが述べたように、「用量が毒になる」。

ハザードとリスクの区別の具体例は?

トラはヒトの健康に有害な可能性がある:攻撃されると、重症を負う可能性がある。しかし、トラは動物園の囲いの中にいる場合、害を及ぼすリスクは低い。従って、トラが実際にヒトの健康に有害かどうかは、ヒトとトラのそれぞれの行動だけでなく、そもそもヒトがトラと接触する程度による。野生のトラに出くわした場合、健康への有害リスクは非常に高まる。

植物保護製品のリスク評価の例:植物保護製品に使用される有効成分は潜在的に危険な物質である。実際に消費者の健康に影響を与えるかどうかは、その人が有効成分とどのように接触するか、また、接触するかどうか、すなわち暴露による。現在の知見に基づき、認証済みの農薬が意図したように使用される場合、残留農薬による有害健康影響は予想されない。

食品安全の例には、シアン化水素がある。亜麻仁やビターアプリコットなどの食品に結合した形で天然に存在する有毒物質で、噛むと放出される。だが、ごく少量である。摂取説明書に従えば、有害健康影響は予想されない。

ハザードとリスクの明確な違いの例はどこで見ることができるのか?

BfRの科学雑誌「BfR2GO」で、ハザードとリスクの違いはいくつかの例を用いて明確に説明されている。ハザード対リスクキャンペーンでは、欧州食品安全機関(EFSA)も、違いを明らかにする状況を例示するために、ショート動画やいくつかのインフォグラフィクスを用いている。これらは欧州加盟国の食品安全機関によって共有され、https://www.efsa.europa.eu/en/campaigns/hazard-vs-riskで閲覧できる。BfRはYouTubeチャンネルで、ドイツ語のショート動画でいくつかの例を提供している。

 

[WHO]出版物  衛生検査パッケージ:飲料水水質ガイドライン:小規模給水施設のための支援ツール

Sanitary inspection packages – a supporting tool for the Guidelines for drinking water quality: small water supplies

15 February 2024

https://www.who.int/publications/i/item/9789240089006

 衛生検査は、飲料水供給の汚染につながる可能性のある優先度の高いリスク因子を特定し、その管理を支援するための、簡易な現地評価である(従来チェックリストを使用)。衛生検査は、確立された広く適用可能な方法である。水安全計画を支援することができ、場合によっては、水安全計画の簡略的な代替案となる可能性もある。

 本冊子にはWHOの衛生検査パッケージを掲載しており、「WHOの1997年飲料水水質ガイドラインのVol.3:コミュニティ水供給のサーベイランスと管理」の衛生検査フォームの更新版であり、25年以上の実戦経験に基づいている。各パッケージには、小規模給水施設の継続的な安全確保に資する技術的指針と管理助言とともに、衛生検査フォームが掲載されている。新しいツールは、保健当局、サーベイランス機関、給水業者、その他の利害関係者が適用可能であり、「WHOの2024年飲料水水質ガイドライン:小規模給水施設」の勧告を実践するのに役立つ貴重な実用ツールとなる。

 

[Codex]プレスリリース

-第28回油脂部会:議長インタビュー:「クアラルンプールでの実りあるミーティングを楽しみにしています!」

CCFO28/ Interview with the Chairperson: “I look forward to a fruitful meeting in Kuala Lumpur!”

13/02/2024

https://www.fao.org/fao-who-codexalimentarius/news-and-events/news-details/en/c/1677070/

第28回油脂部会(CCFO28)が2月19日から23日にかけてマレーシアのクアラルンプールで開催される。CCFOのNorrani Eksan議長に話を聞いた。2020年にCCFO議長に任命されたNorrani氏は、マレーシア保健省の食品安全・品質担当シニアディレクターである。

部会の作業について

「過去60年以上にわたり、CCFOは一貫して、野菜、動物、海洋由来の油脂に関する規格や実施規範の策定に関連するさまざまな問題に取り組んできた。CCFOの議論は、安全な食品とフェアトレードの実践を世界に広めることを目的とした、幅広い分野に及んでいる。CCFO内での議論は、世界的に油脂規格に関連するトピックの複雑な性質を反映し、高度に専門的で複雑なものとなっている。個別食品部会としての我々の課題は、主に高品質で本物の油の指標を設定することである。私たちは、より良い栄養、より健康的な油脂、代替食料源、食料安全保障の強化といった世界的な貿易需要に対応するため、規格に新たな油脂を追加してきた。今次会合では、オリーブ油及びオリーブ粕油規格(CXS 33-1981)の改訂原案、名前の付いた植物油規格(CXS 210-1999)へのアボカド油の追加に関する改訂原案の2つの議題が優先される。また、WHOが取り組んでいるトランス脂肪酸の排除に向けたCCFOの今後の作業に関する議論も重要である。」

その他、過去60年を振り返って、新たな課題と挑戦、CCFOがどのように消費者の健康を保護しているか、など。

*CCFO28

https://www.fao.org/fao-who-codexalimentarius/meetings/detail/en/?meeting=CCFO&session=28

 

-食品添加物に関する一般規格データベースの更新版がオンラインで利用可能に

The updated General Standard for Food Additives database is now online

15/02/2024

https://www.fao.org/fao-who-codexalimentarius/news-and-events/news-details/en/c/1677209/

食品添加物に関する一般規格(General Standard for Food Additives: GSFA)は、食品への食品添加物の使用条件を記述したものである。コーデックス最大の文書であり、コーデックス総会において食品添加物の使用に関する新たな最大基準値(ML)が採択されるたびに更新される。コーデックスの食品規格担当官であるLingping Zhang氏は今週、食品添加物のMLを加盟国がより利用しやすくするためのオンラインツールであるGSFAデータベースの更新版を公開した。

*Codex General Standard for Food Additives (GSFA) Online Database

https://www.fao.org/gsfaonline/index.html?lang=en

 

[COT]マイクロプラスチックへの暴露による潜在的リスクに関するサブステートメント: 吸入経路

Sub-statement on the potential risk(s) from exposure to microplastics: Inhalation route (COT/2024/01)

12 February 2024

https://cot.food.gov.uk/Microplastics%20-%20Inhalation%20route%20-%20Background

https://cot.food.gov.uk/sites/default/files/2024-02/Microplastics%20inhalation%20final%20draft%20statement%20Acc%20V%20SO.pdf

COTは、哺乳類動物が吸入したマイクロプラスチックのトキシコキネティクスに関するデータは限られていることに留意した。肺への滞留が懸念されるかはまだ明らかではない。吸入されたマイクロプラスチックの人体への影響を評価した疫学的又は対照投与量の研究は、見つかっていない。

そのため、COTは、入手可能なデータに基づくと、マイクロプラスチック及びナノプラスチックの吸入経路への暴露による潜在的リスクについて評価を行うことはまだ不可能であると結論づけている。しかし、COTは、COT Statement 2021/02のparagraphs 101-129)に記載されているように、他の権威ある機関(EFSA (2016、2020年、2021年)、WHO(2019年、2022年)、ECCC(2020年)、HC、SAPEA(2019年)、SAM(2019年)の結論に同意する。

COTは、タイヤの摩耗による粒子への暴露に関する文献データは、粒子は化学的に全く異なる重合体のため、食品からのマイクロプラスチック暴露とは別個の考察が必要であると結論づけた。このような物質のリスク評価は、今回の実施範囲外の可能性があると考えられた。

最も重大なデータギャップは、マイクロプラスチック及びナノプラスチックの検出のための適切かつ調和された分析法(適切な参照標準物質とともに)やトキシコキネティクスと毒性プロファイルの情報がないことである。

COTは、リスクアセスメントを完了する前に、屋内の空気、屋外の粉塵、土壌など、すべての暴露源から追加情報が必要であることを強調した。食品や水中のマイクロプラスチックの存在は、大気降下物のようなマイクロプラスチックの他の発生源を考慮する必要がある。

現在の研究では通常、粒子と組織の相互作用の1つのタイプにのみに焦点が当てられている。そのため、in vitro及び/又はin vivoでの様々な組織における様々なタイプの粒子の影響を調べるためには、さらなる研究が必要である。この範囲の粒子の種類は、バイオプラスチックのようなプラスチックベースの新素材も考慮されるべきである。

 

[BfR]フタル酸モノ-n-ヘキシル:尿検体からの可塑剤分解物の検出に関する背景情報

MnHexP: Background information on the detection of the degradation product of a plasticizer in urine samples

15.02.2024

https://www.bfr.bund.de/cm/349/mnhexp-background-information-on-the-detection-of-the-degradation-product-of-a-plasticizer-in-urine-samples.pdf

ノルトラインヴェストファーレン州の自然・環境・消費者保護局(LANUV)は、子供の古い尿検体のフォローアップ分析で、フタル酸モノ-n-ヘキシル(MnHexP)を検出した。この物質は、フタル酸ジヘキシル、フタル酸デシルヘキシルあるいはその他の混合鎖フタル酸エステル類など、様々なフタル酸エステル類由来の代謝物質であるか、あるいはフタル酸水素ヘキシルの形態で直接取り込まれる可能性がある。

フタル酸エステル類は主にPVCなどのプラスチックの可塑剤として使用される化合物である。しかし、フタル酸エステル類はそれぞれのプラスチックの中で強固に結合しているわけでなく、プラスチックから放出される可能性がある。フタル酸エステル類は大量に生産・使用されるため、環境中(土壌、水、空気)ほとんど至る所で検出される。

疑わしい事例をきっかけにして、LANUVはその後、ヒトバイオモニタリング研究(HBM)の一環として、ノルトラインヴェストファーレン州の2歳から6歳の子供から定期的に採取される尿の検体を調査した。その結果、物質MnHexPは、古い検体と比較すると最近採取した尿の検体に、より頻繁により高濃度で検出された:2020/21年の尿の検体を調べた際、MnHexPは検体の61%に検出されたが、2017/18年の検体では26%しか検出されなかった。測定濃度も大幅に増加した:平均すると、2017/18年の検体には0.28 μg/L、2020/21年の検体では2.09 μg/Lだった。

第6回ドイツ環境衛生調査(GerES VI)の一環として現在サンプリングされている尿の検体の初期評価において、ドイツ連邦環境省(UBA)でも、これまでに18歳から79歳の成人から採取した尿の検体の3分の1以上からこの物質を検出した。一部の検体しか採取・評価されていないため、これらのデータはまだ暫定的である。

現在観察されている尿の検体中のこの物質の原因となる製品又は供給源は今のところ分かっていない。またどの前駆体がこの尿中MnHexP汚染に寄与する可能性があるかも明確ではない。

BfR MEALスタディの一環として、226種類の食品で、可能性のある前駆体として、フタル酸ジ-n-ヘキシルが調査された。全ての分析結果はそれぞれの検出限界以下だった。フタル酸ジ-n-ヘキシルの使用は、食品包装のようなプラスチック性の食品接触物質や化粧品では禁止されている。動物実験に基づき、可能性のある前駆体化合物は生殖毒性があると考えられている(すなわち、生殖に有害)。だが、尿中の代謝物質の存在は暴露を示しているが、直ちに健康リスクがあるかどうかを示すものではないことに留意することが重要である。しかし、MnHexPとその原因となる前駆体はどちらも生殖毒性があるため、これらの物質の摂取はできる限り減らす必要がある。

問題となっている可能性のある前駆体物質のほとんどは、欧州域全体で厳しい使用規制の対象でもある。例えば、EUの化学物質規則REACHでは、高懸念物質として特定されている。さらに、欧州化学物質庁(ECHA)によってさらなる規制活動が計画されている。現在、担当するドイツ連邦環境省とECHAがこの調査結果の原因を特定しようとしている。

 

[FDA]FDAはクロルピリホスが残留するヒト食品に対する執行措置に関する業界向けガイダンスを撤回

FDA Withdraws Guidance for Industry on Enforcement Approach to Human Food with Chlorpyrifos Residues

February 5, 2024

https://www.fda.gov/food/cfsan-constituent-updates/fda-withdraws-guidance-industry-enforcement-approach-human-food-chlorpyrifos-residues

米国食品医薬品局(FDA)は、「Questions and Answers Regarding Channels of Trade Policy for Human Food Commodities with Chlorpyrifos Residues: Guidance for Industryクロルピリホスが残留しているヒト用食品品目の流通政策に関する質問と回答:業界向けガイダンス)」と題された2022年のガイダンス文書を撤回する。これは、米国第8巡回区控訴裁判所が、農薬クロルピリホスに対するすべてのトレランスを取り消した環境保護庁(EPA)の最終規則を無効とする決定を受けた措置である。裁判所の判決を確定する命令が2023年12月28日に出され、残留クロルピリホスに対するすべてのトレランスが復活した。このガイダンスは、EPAの最終規則によりトレランスが失効した後、残留クロルピリホスを含む食品に対するFDAの施行方針を説明するためのものであった。EPAは、クロルピリホスのトレランスの現在の法的状況を反映させるため、規制を改正している。

-EPA Federal Register Notice(米国環境保護庁連邦官報)

クロリピリホス;トレランスの復活

Chlorpyrifos; Reinstatement of Tolerances

https://www.federalregister.gov/public-inspection/2024-02153/pesticide-tolerance-exemptions-petitions-revocations-etc-chlorpyrifos

環境保護庁(EPA)は、クロルピリホスのトレランス廃止を取り消す裁判所命令を受け、同庁の規則を改正し、クロルピリホスのトレランスの現在の法的状況を反映させる。EPAは、本措置を公布と同時に発効する最終措置として発行する。

なぜEPAはこのような措置を取るのか?

EPAは、入手可能なデータとクロルピリホスの登録用途から予想される暴露に基づき、食品、飲料水、および住宅への暴露を含む総体的な暴露による危害がないという合理的な確実性があるとは判断できないと判断し、2021年8月30日付の連邦官報(86 FR 48315; FRL-5993-04-OCSPP)において、クロルピリホスの残留物に対するすべてのトレランスを取り消す最終規則を発表した。複数の生産者団体がこの最終規則に異議を申し立てたが、EPAはこれらの異議申し立てを却下した。

複数の生産者団体がこのEPAの判断とトレランス取消規則に対して、第8巡回区連邦控訴裁判所に異議を申し立てた。2023年11月2日、第8巡回区はEPAの最終規則を取り消し、さらなる手続きのためにこの問題をEPAに差し戻す判決を下した。再審請求は提出されなかった。2023年12月28日、裁判所の判決が確定し、トレランスを取り消すEPAの規則が無効となった。この判決を受け、クロリピリホスのトレランスは現在、法的に有効であり、EPAは、現在の法的状況を反映するために、規則を改正する本最終規則を発行した。

 

[APVMA]ブロモキシニル製品の再スケジューリング

Rescheduling of bromoxynil products

13 February 2024

https://www.apvma.gov.au/news-and-publications/news/rescheduling-bromoxynil-products

オーストラリア農薬・動物用医薬品局(APVMA)は、2024年6月1日以降、ブロモキシニルを1.5重量/容量(w/v)以上含むすべての製品について規制措置を講じる。これは、毒物のスケジュール管理を担当する規制機関であるTGAが、これらの製品をスケジュール6の「毒物」からスケジュール7の「危険毒物」に再分類することを決定したことを受けたものである。このスケジューリング決定の理由は、TGAのウェブサイト「現行の毒物基準書を修正する(または修正しない)中間決定のお知らせ」に掲載されている。

スケジュール7の毒物は、低い暴露量で危害を引き起こす可能性が高く、製造、取り扱い、使用時に特別な予防措置を必要とする物質と定義されている。これらの毒物は、農業従事者や害虫駆除の訓練を受けた者など、安全に取り扱うために必要な技能を有する専門家または認可された使用者のみが使用できるようにすべきである。スケジュール7の毒物の入手、所持、保管、使用を制限する特別な規制が適用される場合がある。スケジュール7毒物に指定されている製品は、家庭内または家庭菜園での使用には適さない。TGA Poisons Standardでは、家庭内または家庭菜園目的での所持、使用、供給は禁止されている。ブロモキシニル製品をAPVMAが承認したラベルの指示に従って使用することは、依然として安全であると考えられる。しかし、これらの製品がスケジュール7に再スケジューリングされた結果、製品ラベルのシグナル見出しに変更が生じる。これらの影響は、ブロモキシニル製品にアクセスできる人、ブロモキシニル製品を所持できる人、製品の保管方法に影響する。APVMAは、影響を受ける製品登録の保有者と協力して、必要な変更を行う。

 

[RIVM]2022年のオランダの食品関連病原体による疾病負担

The burden of disease of food-related pathogens in the Netherlands in 2022

19-02-2024

https://www.rivm.nl/publicaties/burden-of-disease-of-food-related-pathogens-in-netherlands-in-2022

14病原体による疾病負担(DALYs)を計算した

概ねCOVID-19以前のレベルに戻った

 

[ASA]ASAは政府の詐欺対策全国キャンペーンを支持

ASA supports UK Government's National Campaign Against Fraud

16 Feb 2024

https://www.asa.org.uk/news/asa-supports-uk-government-s-national-campaign-against-fraud.html

英国では詐欺は最もよくある犯罪で、たった1年のうちにイングランドとウェールズの成人17人のうち1人が詐欺の被害者になる。ASAは政府の新しいキャンペーン「Stop! Think Fraud(ちょっと待って、詐欺かも)」を支持し、オンライン詐欺広告を通報するよう強く求める。

キャンペーンサイト

https://stopthinkfraud.campaign.gov.uk/

 

論文

-食事中のチアミンと知的鋭敏さの悪化の間にはJ型のカーブが見られる

J-shaped curve apparent between dietary thiamine and worsening mental acuity

20-FEB-2024

https://www.eurekalert.org/news-releases/1034703

General Psychiatry.に発表された、認知機能が健康な高齢者での研究で、最も望ましいのは1日0.68mgのようだ。水溶性ビタミンBの至適維持濃度は0.6から1mg/dまで。

その他

-Scienceニュース

米国で提案されているサルの繁殖のための巨大施設は活動家と近隣住民をおびえさせ科学者を興奮させる

Proposed megafacility to breed monkeys in U.S. dismays activists and neighbors but excites scientists

20 FEB 2024 BYSARA REARDON

https://www.science.org/content/article/proposed-megafacility-breed-monkeys-u-s-dismays-activists-and-neighbors-excites

この計画を提案している新しい会社は動物福祉の懸念と近隣住民の反対に直面している

ジョージア州南西部の人口14000人の田舎町Bainbridgeに今後3万のカニクイザルが済む可能性がある。Safer Human Medicine (SHM)という新しい会社が80ヘクタールの施設を建設する計画を発表した。

需要はある。毎年米国で使われる7万頭以上のサルの半分以上を米国に供給してきた中国が2020年にCOVID-19パンデミックのために輸出を停止し、その後再開していない。逆に中国が独自の研究のために外国からサルを購入することで米国と競合している状況である。そのためサルの値段は急騰し、数年前の予算が一頭7000ドルだったのが今や2万ドルになっている。NASEMはその報告書で外国のサルへの依存を減らして国内繁殖を拡大することを推奨している

 

-EUはオーガニック食品の需要を喚起する必要がある、利害関係者が言う

EU needs to stimulate demand for organic food, stakeholders say

2024年2月20日 By Maria Simon Arboleas | Euractiv

https://www.euractiv.com/section/agriculture-food/news/eu-needs-to-stimulate-demand-for-organic-food-stakeholders-say/

有機農業研究所(FiBL)がドイツで開催されたBiofachで発表した年次報告書によると、EUで有機栽培された農地は2022年に5.1%増加したが、有機食品の販売は2.8%減少した。

以下報告書の紹介

the World of Organic Agriculture

STATISTICS & EMERGING TRENDS 2024

https://www.fibl.org/fileadmin/documents/shop/1747-organic-world-2024_light.pdf

(コロナ対策にオーガニック、とかの嘘を平気で記述している。EUで約10%、世界では1%くらいしかオーガニック栽培の面積はない。そして需要は減っているのに政治力によって無理矢理買わせろと主張。ノイジーマイノリティが政策や世論を歪めているだけなのだが)

2024-02-20

[FSAI]FSAI戦略2025-2029に関するステークホルダーとの協議

Consultation with our stakeholders on the FSAI Strategy 2025-2029

FRIDAY, 09 FEBRUARY 2024

https://www.fsai.ie/news-and-alerts/latest-news/consultation-with-our-stakeholders-on-the-fsai-str

 アイルランド食品安全局(FSAI)は、ステークホルダーに対し、次期2025~2029年の戦略の策定への意見を募集する。

 

[FDA]消費者向け情報

-高齢者のための医薬品の安全性に関する5つの注意事項

5 Medication Safety Tips for Older Adults

02/15/2024

https://www.fda.gov/consumers/consumer-updates/5-medication-safety-tips-older-adults

米国食品医薬品局(FDA)は薬、ハーブ製剤、サプリメントを摂取するときの注意事項について情報提供する。

 

-牧草からコップまで牛乳を安全に保つ

Keeping Your Milk Safe From the Grass to the Glass

02/16/2024

https://www.fda.gov/consumers/consumer-updates/keeping-your-milk-safe-grass-glass

FDAは牛乳と乳製品の安全性と、その背景にある100年の歴史について紹介する。

 

[Health Canada]助言

-ウォータービーズは子どもに命を脅かすスクを引き起こす可能性がある

Water beads may pose life-threatening risks to young children

2024-02-16

https://recalls-rappels.canada.ca/en/alert-recall/water-beads-may-pose-life-threatening-risks-young-children

 カナダ保健省は親や保育者に対し、おもちゃ、アートキット、ストレスボール、フットバス、花瓶の詰め物、ガーデニング用品などに含まれるウォータービーズ(吸水性ゲルビーズ)のリスクについて再度警告している。

 

[EU]水銀:歯科用アマルガムの使用を段階的に廃止することで欧州理事会と合意

Mercury: deal with Council to phase out the use of dental amalgam

08-02-2024

https://www.europarl.europa.eu/news/en/press-room/20240205IPR17416/mercury-deal-with-council-to-phase-out-the-use-of-dental-amalgam

2025年1月1日までに歯科用アマルガムは使用されないようにすべき

水銀を含まない代用品があるにもかかわらず、EUでは毎年約40トンの水銀が歯科用アマルガムに使われている。現在の規則では15才未満の子どもや妊婦、授乳中の女性の治療に使うことを禁止しているだけで、それを2025年1月1日までに、特例を除き段階的に廃止することに合意した。

 

[Medsafe]プソイドエフェドリンの仮承諾に申請提出意向

Intention to submit an application for pseudoephedrine provisional consent

20 February 2024

https://www.medsafe.govt.nz/regulatory/pseudoephedrine-application.asp

もしこの冬販売する予定の風邪やインフルエンザの薬のプソイドエフェドリンの認可を申請する予定なら2024年2月28日までにMedsafeに情報提供するように。

政府がプソイドエフェドリンを含む風邪薬を処方薬から制限つき医薬品に分類変更することを発表し、それにより人々は薬局で処方なしに買えるようになる。

詳細は2月22日官報告知予定

 

参考

SMC NZ

プソイドエフェドリンの復帰

The return of pseudoephedrine – Expert Reaction

20 February 2024

https://www.sciencemediacentre.co.nz/2024/02/20/the-return-of-pseudoephedrine-expert-reaction/

最新の法案でNZの薬局で風邪薬の市販が戻ってくる

プソイドエフェドリンを含む医薬品は2009年にメタンフェタミンの違法合成に使われる可能性があるとして制限された。

SMCは専門家のコメントを求めた

Massey大学SHORE & Whariki研究センターChris Wilkins教授

薬局で販売される風邪薬のプソイドエフェドリン禁止は2009年の首相のメタンフェタミン行動計画の一環だった。当時は国内で小規模のメタンフェタミン生産が行われていてそれに対応した。それからメタンフェタミンの国際流通は大きく変わり犯罪組織が関与するようになった。薬物市場はダイナミックで根強く、再び犯罪が増加しないように政策も対応する必要がある

Auckland大学薬学部Rhys Ponton博士

2011年に薬局からプソイドエフェドリンが消えたのはメタンフェタミン製造の前駆体となる懸念のためだが、その制限はニュージーランドでのメタンフェタミンの流通や使用を抑制しなかった。結果的に制限で最も影響を受けたのは鼻づまりに苦しむ人達だった。プソイドエフェドリンはフェニレフリンに代えられたが、フェニレフリンは経口では治療効果がなく、昨年FDAが公式に公表した。点鼻スプレーは短期的には効果があるが使用を止めるとかえって鼻づまりがひどくなるリバウンド作用があり長期使用では鼻腔に相当なダメージを与える。プソイドエフェドリンの復帰はより安全で効果的な製品を提供するだろう。

プソイドエフェドリンの復帰がメタンフェタミンの違法提供にどう影響するかは不明である

(食品ではないけれど薬学の人には興味深い話よね?)

 

論文

-米国成人における全体および痛みの管理のための補完医療アプローチの使用

Use of Complementary Health Approaches Overall and for Pain Management by US Adults

Richard L Nahinet al.,. JAMA 2024 Jan 25:e2326775.

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2814472

2002年から2020年の間に、鍼、ガイドによる筋肉リラクゼーション、マッサージ、ナチュロパシー、ヨガ、カイロプラクティック、瞑想、の使用が19.2%から36.7%に増加。増加率が大きいのはヨガ、最も多く使われているのは瞑想。痛みへの使用が多い。

 

-THE LANCET

米国規制機関がPFAS管理を高める

US regulators escalate PFAS controls

Paul Webster Published:February 17, 2024

THE LANCET WORLD REPORT| VOLUME 403, ISSUE 10427, P601, FEBRUARY 17, 2024

多くの州で規制が導入される予定、一方CDCは医師向けガイダンスを更新した

Safer Statesが2024年2月8日に発表した解析によると今年米国でPFASの管理や禁止などの政策を導入する予定なのは35州。提案されている対策は食品包装への使用禁止や水や下水の検査や監視強化、消火設備への使用制限などが含まれる。多くの州ではPFASを化合物のクラスとして扱っている。個別の化合物への対策だと同じような化合物で代用されるだけだからである。

一方化学業界は反論している。米国化学工業協会(ACC)は2月8日の大統領宛文書で「過度に広範なPFAS制限」を非難し、経済影響解析を求めている。

米国連邦政府では約2ダースの機関や事務所がPFAS関連活動を行っており、ホワイトハウスによると「Biden-Harris政権で最大の科学政策対応になっている」。これらはEPAが主導し、EPAは2024年初期に極めて低濃度の飲料水規則を実施するだろう。

一方CDCは1月18日に臨床医向けファクトシートを更新した。2019年のものより血液検査について大きく取り上げたものになっている。米国のほぼ全ての人が測定可能な量のPFASを血中にもっている、と新しいガイダンスは言う。「検査は一部の人にとってはある種のPFASに暴露されていることを理解して暴露削減の役に立つ可能性がある。また安心材料になるかもしれない」という。2022年にPFASの血液検査拡大を強く勧めたNASEMの委員会の座長だったNed Calongeコロラド公衆衛生大学副学部長はCDCの新しいガイダンスはNASEMの助言に「概ね適合している」と歓迎する。

ACCの広報はCDCの論拠について「暴露量を知りたいので血液検査をしたいことは理解する。」という。しかし同時にPFAS全体が有害であるかのような言及は誤解を招く、と苦言を呈する。

CDCのPFAS健康研究アドバイザーのBrown大学公衆衛生学部のDavid Savitz疫学教授はCDCがPFAS危機を医師向けに単純化したのは正しいという。「これらの化合物に高濃度暴露されたくないこと、それらは広範な有害影響があることについては十分わかっている」

(立場によって引用するところが違う。CDCガイドラインの「検査は不必要な不安を引き起こす」部分は無視されている。疫学の人は化学物質の解像度が低すぎる。)

 

チェコ共和国がヘキサヒドロカンナビノールを禁止した最新の国

Czech Republic latest country to ban hexahydrocannabinol

Ed Holt

THE LANCET WORLD REPORT| VOLUME 403, ISSUE 10427, P604, FEBRUARY 17, 2024

いくつかの国は既に健康のため半合成カンナビノイドHHCの禁止あるいは販売制限を行っている

チェコ共和国はHHC含有お菓子を食べて12人の子どもが入院したのを受けてこの半合成カンナビノイドの販売を制限した。

一部の専門家は、単にある物質を禁止するだけでは代わりに他のものが使われ、かえって悪くなる可能性があるという。フランスでは昨年HHCを禁止したところ数ヶ月で別の化合物が出回った。

規制の法が禁止よりはいいだろう。子どもに販売されないように管理できる。

(薬物入りお菓子を禁止することには反対するのにただのお菓子にはやたら厳しいLancet.大麻キャンディなんかいらないと思う)

 

その他

-SMC UK

高タンパク質摂取とアテローム性動脈硬化を一部マウスで一部ヒトで調べた研究への専門家の反応

expert reaction to study looking at high protein intakes and atherosclerosis, some data in mice and some in people

FEBRUARY 19, 2024

https://www.sciencemediacentre.org/expert-reaction-to-study-looking-at-high-protein-intakes-and-atherosclerosis-some-data-in-mice-and-some-in-people/

Nature Metabolismに発表された研究が高タンパク質摂取とアテローム性動脈硬化をしらべた

Sheffield大学心臓病学教授Robert Storey教授

この研究はタンパク質の多い食事が、動物由来タンパク質により多く含まれている成分によって、心臓発作や脳卒中のリスクに寄与する反応の引き金を引く根拠を提供する。

高タンパク食を食べると血中ロイシン濃度が増加しそれが血管を裏打ちする白血球の一種を刺激する。この仕事は高蛋白食の健康影響の可能性について懸念を提示する。再現性があるかどうか等さらなる研究が必要だ。

英国心臓財団主任科学者で医務官Bryan Williams OBE教授

タンパク質は重要な食事成分だが、摂りすぎると血管壁が詰まる可能性があるという根拠が増えつつある。健康のためには、タンパク質をほどほどに含む健康的食事がいまだ最も重要なことのひとつである。

Aston大学医学部登録栄養士で上級講師Duane Mellor博士

この論文はヒトでの研究二つと実験室とマウスでの白血球の研究を組み合わせたもので、解釈には注意が必要である。この研究で説明されているような「食事」をするのはプロテインシェイクを定期的に飲むような人だけであろう。つまり健康的な食事と考えられるものとは相当異なる。またヒトで長期試験をするのは困難なのでマウスを使っているが解釈には注意が必要。

King’s College London栄養と食事名誉教授Tom Sanders教授

これは興味深い研究で、単核球/マクロファージでのmTORC信号伝達経路の活性化によるアテローム性動脈硬化促進におけるロイシンの役割を調べた。高摂取群のタンパク質は1日35gのタンパク質(鶏胸肉145gあるいは乾燥ホエイプロテインパウダー40g)を余分にとることに相当する。現在高タンパク質食が流行しているのでさらなる研究が重要である

Surrey大学ヒト栄養学名誉教授D Joe Millward教授

ロイシンがmTORC1を活性化するのは新しい知見ではなく、筋肉などでタンパク質摂取後に示されている。それを良い影響としてアスリートや高齢者などにタンパク質摂取を増やすよう勧められた。ただし根拠はほとんど無い。また減量目的で高タンパク質食にすることがあり、この研究はそれらの人達にリスクがあると示唆するが問題は複雑である。

最初に、疫学研究では心血管系疾患と高タンパク質摂取に幾分かの関連が示されているが最も強い根拠は植物タンパク質の有益性である。それがロイシンが少ないせいなのかどうかはわからない。二つ目は減量中の高タンパク質食は減量によるCVDリスク削減があるのでアテローム性動脈硬化を誘発する可能性は低いだろう。三つ目にヒトには習慣的に高タンパク質食の場合アミノ酸を速やかに排出する適応能力があるためロイシン濃度はそこまで上がらない可能性がある。

全体としてこの論文は食事タンパク質の議論に大いに貢献するだろう。

その論文

Identification of a leucine-mediated threshold effect governing macrophage mTOR signalling and cardiovascular risk

Xiangyu Zhang et al., Nature Metabolism volume 6, pages359–377 (2024)

https://www.nature.com/articles/s42255-024-00984-2

(プロテイン業界はどう反応するだろう?)

 

-ホメオパシーとがん-私はチャールズ国王が両方を遠ざけることを望む!

Homeopathy and cancer – I hope King Charles avoids them both!

Edzard Ernst  08 February 2024

https://edzardernst.com/2024/02/homeopathy-and-cancer-i-hope-king-charles-avoids-them-both/

ここ数日、チャールズ国王がホメオパシーでがんを治療すると思うかと何度聞かれたことだろう。彼がホメオパシーを何十年も推進してきたから。しかし先に指摘したように、彼はホメオパシーやその他の証明されていないがん治療法を使うことはなく、おそらく現在利用できる最も有効な治療を受けるだろう。

 

-Nature書評

都市の緑化:必要か贅沢か?

Greener cities: a necessity or a luxury?

19 February 2024 By Timon McPhearson

https://www.nature.com/articles/d41586-024-00477-y

都市部の木や公園はヒト健康と環境改善にとって必須か、あるいは単なる中から上流階級のジェントリフィケーションのアイディアにすぎない?二つの本が正反対の見解を議論する

Des Fitzgerald 著「生きている都市:都市が偉大であるために緑化が必要ではない理由The Living City: Why Cities Don’t Need to Be Green to Be Great」 Basic Books (2023)

A Ian Goldin and Tom Lee-Devlin 著「都市の年齢:何故我々の未来はともに勝つか負けるかなのかAge of the City: Why our Future will be Won or Lost Together 」Bloomsbury Continuum (2023)