2022-05-23

[EFSA]意見

食品添加物としてのポリグリセリン脂肪酸エステル(E 475)の再評価のフォローアップ

Follow‐up of the re‐evaluation of polyglycerol esters of fatty acids (E 475) as a food additive

EFSA Journal 2022;20(5):7308 16 May 2022

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/7308

(科学的意見)

ポリグリセリン脂肪酸エステル(PEFA,E 475)は、以前の食品添加物および食品に添加される栄養源に関するEFSAのパネル(ANS)に2017年に再評価された。この評価のフォローアップとして、食品添加物および香料に関するパネル(FAF)は、E475のEU規格の修正を支援するために確認されたデータのギャップに対処している。パネルはE475に存在する可能性のある望まれない不純物と成分のリスク評価を行った。パネルは、この4つの有毒元素(ヒ素、鉛、水銀、カドミウム)のEU規格の最大限度は市販の食品添加物E475の実際の量に基づいて下げる必要があると結論した。パネルは、エルカ酸、3-モノクロロプロパンジオール、グリシジルエステル類の最大限度もE475のEU規格に含む必要があると結論した。あるいは、パネルはE475の製造に使用される油脂がヒトの摂取への適合性に関する各EU規則に従うという要件を含むようE475の定義の修正を助言している。さらにパネルは、規則(EU) No 2019/649に限度、すなわち最終消費者用食品に脂肪100gあたりトランス脂肪酸2gが設定されているため、E475のトランス脂肪酸の含有量には規格制限を設定する必要はないと結論した。最後に、パネルは、E475の製造に使用されるポリグリセロールは、E422の規格(委員会規則 (EU) No 231/2012)を満たすグリセロールから生産される必要があることを示すE475の定義の改定を助言している。この場合、エピクロロヒドリン、アクロレイン、ブタントリオールの各規格制限はE475には必要ない。

 

[EU]RASFF 2022(0515-0521)

警報通知(Alert Notifications)

コロンビア産パッションフルーツのオルトフェニルフェノール・アセフェート・ジメトエート及びオメトエート、原産国不明アプリコットカーネルのシアン化水素、チェコ共和国産CBDオイルのテトラヒドロカンナビノール(THC) 及び未承認新規食品成分カンナビジオール(CBD)、原産国不明ピスタチオのクロルピリホス-メチル、ペルー産アボカドのカドミウム、

注意喚起情報(information for attention)

中国産ペッパーのエチレンオキシド、ベトナム産レイシのペルメトリン、トルコ産グレープフルーツレッドのクロルピリホス、カンボジア産コリアンダーのクロルピリホス・ブプロフェジン・塩化ジデシルジメチルアンモニウム(DDAC)・イプロバリカルブ及びフィプロニル、中国産イチョウ抽出物の水銀、トルコ産ブドウの葉のジチオカルバメート・メタラキシル及びテトラコナゾール、トルコ産レッドグレープフルーツのクロルピリホスメチル、ドイツ産食品サプリメントに使用したインド産オトメアゼナ(バコパモニエリ)の2-クロロエタノール、パラグアイ産玄米のプロピコナゾール及びイミダクロプリド

通関拒否通知(Border Rejections)

トルコ産生鮮レモンのプロクロラズ・クロルピリホス及びクロルピリホス-メチル、トルコ産生鮮グレープフルーツのクロルピリホスメチル、トルコ産レモンのプロクロラズ、トルコ産生鮮ペッパーのホルメタネート及びクロルピリホスメチル、トルコ産アプリコットカーネルのシアン化物高含有、インド産砕いたチリのエチレンオキシド、インド産ゴマ種子の2-クロロエタノール、トルコ産ブドウの葉のジチオカルバメート・メタラキシル及びラムダ-シハロトリン、カナダ産米国で包装した冷凍クランベリーのキンクロラック、インド産チリパウダーのビフェントリン・クロルピリホス・フルオピラム及びテブコナゾールなど、

 

[FDA]FDA はNDI執行裁量のガイダンス案を発表

FDA Releases Draft Guidance on NDI Enforcement Discretion

May 19, 2022

https://www.fda.gov/food/cfsan-constituent-updates/fda-releases-draft-guidance-ndi-enforcement-discretion

本日、米国食品医薬品局(FDA)は新規食品成分(NDI)の通知の提出遅延に関するガイダンス案が入手可能になったと発表した。このガイダンス案が最終化されれば、製造業者と販売業者に、限られた期間、限られた状況で、必要なNDIの通知を提出して過去の失敗を修正するよう促すために、執行裁量を行使するFDAの意図を概説する。

1994年の食品サプリメント健康教育法が制定されて以来、一部の食品サプリメントの製造業者や販売業者が、市販前のNDIの通知が必要だが未提出の成分や製品を販売していることにFDAは気づいている。近代化と改革による食品サプリメントの規制を強化するための新たな取り組みについての2019年2月の声明で、FDAは、改革を促進しながら、製品の安全性を適切に評価するために私達の規制の枠組みが十分柔軟で包括的であることを確保する必要性を強調した。このガイダンス案は、最終化されれば、NDIの通知の提出を促す重要な段階となり、この取り組みのカギとなる。

この方針の目標は、最終化されれば、製造業者と販売業者に、必要なNDI通知提出の過去の失敗の修正を奨励することである。執行裁量方針の下で提出された通知は、FDAが市場のNDIを含む食品サプリメントの安全性情報の量を増やすのに役立つ。このガイダンスはNDIの通知条件に依然として従わない企業に対して適切な執行措置を導くのにも役立つに違いない。ガイダンス案で概説されている執行裁量方針は、NDIの通知の届け出に失敗した企業だけに関係している;NDIの通知がタイムリーに提出されている場合でも、異物混入したNDIを含む食品サプリメント(安全上の理由などから)や、食品サプリメントに付随する他の規制要件に対しては適用されない。

このガイダンスと共に、FDAは「新規食品成分の遡及提出(Catch-up New Dietary Ingredient Submission)」といわれるCFSANオンライン提出モジュールで新しい種類の提出を開発している。ガイダンス案が最終化されると、関係者は新規食品成分の遡及提出を通してFDAに遅延通知を電子で提出することができる。通知者は遅延通知を紙で提出することもできるが、FDAは一時的な執行裁量方針で提出される遅延通知には、この電子システムの使用を奨励している。

FDAのNDI通知プロセスに関する更なる質問は、食品サプリメントプログラム室NDIN@fda.hhs.gov.に電子メールで連絡してください。

コメントを提出するには:

ガイダンス案に関するコメントは連邦官報に発表後60日以内に提出しなければならない。Regulations.govに電子コメントで提出することもできる。すべての記載されたコメントは、整理番号FDA-2022-D-0281とガイダンス文書のタイトルをつけて識別する必要がある。

 

追加情報:

企業向けガイダンス案:市販前通知要件の対象となる特定の新規食品成分や食品サプリメントに関する方針

https://www.fda.gov/regulatory-information/search-fda-guidance-documents/draft-guidance-industry-policy-regarding-certain-new-dietary-ingredients-and-dietary-supplements

プレスリリース:食品サプリメント市場についての安全性情報を増やすことを目的とした新しいFDAのガイダンス案

https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/new-fda-draft-guidance-aims-increase-safety-information-about-dietary-supplement-marketplace

新規食品成分の通知提出方法

https://www.fda.gov/food/new-dietary-ingredients-ndi-notification-process/how-submit-notifications-new-dietary-ingredient

新規食品成分(NDI)の通知プロセス

https://www.fda.gov/food/dietary-supplements/new-dietary-ingredients-ndi-notification-process

 

-企業向けガイダンス案:市販前通知要件の対象となる特定の新規食品成分と食品サプリメントに関する方針

Draft Guidance for Industry: Policy Regarding Certain New Dietary Ingredients and Dietary Supplements Subject to the Requirement for Pre-market Notification

MAY 2022

https://www.fda.gov/regulatory-information/search-fda-guidance-documents/draft-guidance-industry-policy-regarding-certain-new-dietary-ingredients-and-dietary-supplements

コメント提出は2022年7月19日まで

連邦試食品・医薬品・化粧品法(FD&C Act)の第413(a)(2)章(21 U.S.C. 350b(a)(2))で、食品に使用される材料として食品供給中に存在しなかった新規食品成分(NDI)やNDIを含む食品サプリメントの製造業者と販売業者は、製品を州際通商に導入する少なくとも75日前にFDAに市販前安全性通知を提出しなければならない。必要な市販前通知がFDAに提出されていない場合、FD&C 法の第413(a)章(21 U.S.C. 350b(a))は、NDIを含む食品サプリメントはFD&C法第402(f)章(21 U.S.C. 342(f))に基づき、異物混入とみなされると規定している。

FDAは、一部の製造業者と販売業者が、FD&C法第413(a)(2)章で市販前NDI通知が必要だが提出されていない製品を販売していることに気付いている。市場のNDIを含む食品サプリメントについての安全性の情報量を増やし、リスクに基づいた規制を促進するために、私たちは製造業者、販売業者、執行裁量を行使する意図のある他の関係者に、限られた期間、限られた状況で、NDIの通知を提出し過去の失敗を修正する取り組みを奨励する情報を提供している。

 

関連情報源

・食品サプリメント

https://www.fda.gov/food/dietary-supplements

・食品サプリメントガイダンス文書& 規制情報

https://www.fda.gov/food/guidance-documents-regulatory-information-topic-food-and-dietary-supplements/dietary-supplements-guidance-documents-regulatory-information

・新規食品成分の通知提出方法

https://www.fda.gov/food/new-dietary-ingredients-ndi-notification-process/how-submit-notifications-new-dietary-ingredient

・新規食品成分(NDI) 通知プロセス

https://www.fda.gov/food/dietary-supplements/new-dietary-ingredients-ndi-notification-process

 

参考

新規食品成分遡及提出(CND)のために必要な情報

Information Needed for a Catch-up New Dietary Ingredient Submission (CND)

May 19, 2022,

https://www.fda.gov/food/new-dietary-ingredients-ndi-notification-process/how-submit-notifications-new-dietary-ingredient

 

[FDA] FDAは食品包装材における特定のフタル酸エステル類の使用を制限し、最新の食品接触用途及び安全性データに関する情報提供を求める文書を発行する

FDA Limits the Use of Certain Phthalates in Food Packaging and Issues Request for Information About Current Food Contact Uses and Safety Data

May 19, 2022

https://www.fda.gov/food/cfsan-constituent-updates/fda-limits-use-certain-phthalates-food-packaging-and-issues-request-information-about-current-food

本日、米国食品医薬品局 (FDA) は、食品添加物請願2件と、食品接触用途のフタル酸エステル類に関するFDAの措置を求める市民請願1件に対する回答を発表した。また、食品接触用途の特定のフタル酸エステルの入手可能な安全性データ及び最新の使用情報の要請も行った。すべての3請願には対象となるフタル酸エステルに重複部分があったが、FDAは、各請願でなされた個別の要求、各請願の情報及び食品包装と食品接触用途におけるフタル酸エステルに関連する他の入手可能な情報を評価した後に、請願を個別に評価し、対応した。

食品包装材及び食品接触用途のフタル酸エステル類に関する最近の請願へのFDAの対応

FDAはフタル酸エステルの使用が産業界によって放棄されており、食品接触用途に使用されるほとんどのフタル酸エステルの規定を無くすよう食品添加物規則を改訂した。FDAは、可塑剤、接着剤、消泡剤、表面潤滑剤、樹脂及び殺真菌薬として使用されていた23種のフタル酸エステルと他2物質の食品接触使用の認可を取り消した。この措置は、Flexible Vinyl Alliance(軟質ビニル団体)が2018年7月3日に提出した食品添加物の請願に対応したもので、同団体はこれら25種類の物質の食品接触使用を排除するよう求めた。申立人は25物質の使用が産業界によって放棄されたことを証明した。この措置により、これらのフタル酸エステルは、21 CFRパート175から178のFDA規則の認可物質のリストから除外される。

この措置はまた、食品接触用途におけるフタル酸エステル類の使用を9種のフタル酸エステル類に制限する結果となる‐8種は可塑剤としての使用が認可され、1種はモノマーとしての使用が認可されている。これらの残りのフタル酸エステルの現在の使用をよりよく理解するために、可塑剤としての使用が認可されている8種のフタル酸エステルについて、最新の特定の食品接触使用、使用濃度、食事による暴露及び安全性データに関する情報が求められた。情報の要請は、この使用から生じる暴露は無視できると予想されるため、モノマーとしての使用が許可されているフタル酸エステルは情報提供の要請は行っていない。

いくつかの公益団体が提出した、28種のフタル酸エステル類の食品接触使用を今後規定しないようこの食品添加物規則の廃止を求めた、食品添加物に関する別の請願をFDAは却下した。この食品添加物の請願は、28種のフタル酸エステルすべてを単一の分類としてグループ化し、提案された分類の安全性への懸念に基づいて、FDAの食品添加物規則からこれらのフタル酸エステルのリストを削除することを提案したものであった。FDAは請願が28のフタル酸エステル類を単一に分類することを支持しておらず、請願書は提案された分類のフタル酸エステル類が認可された食品添加物の使用に対して安全ではないことを証明していないと判断した。FDAの連邦官報通知には、請願の主張に対する回答が記載されている。放棄に基づくFlexible Vinyl Allianceの食品添加物請願を許可した結果、公益団体の食品添加物請願が対象としたフタル酸エステル28種のうち23種について、食品添加物の認可が取り消された。

FDAはまた、特定のフタル酸エステル類の食品接触使用の禁止と、食品添加物請願に記載された安全性への懸念を理由に他のフタル酸エステル類の事前認可の取り消しを要求した同じ公益団体による関連する市民請願を却下した。FDAは、科学的データや情報によってこれらの措置が正当であることを証明していないとして、この市民請願を却下した。

FDAは食品接触用途におけるフタル酸エステル類の使用と安全性に関する最新データを求める

FDAは本日、食品接触用途における可塑剤としての使用が認可されている残りのフタル酸エステルについて、入手可能な使用及び安全性の情報を要請した。FDAは一般に、最新の毒性学的知見を有し、入手可能なフタル酸エステルに関する情報を使用しているが、関係者は常に公開されているわけではない情報を入手できる可能性がある。

FDAは、放棄に基づく食品添加物請願に対する本日の措置後も、食品接触用途の可塑剤として使用が許可されている残りの8種類のフタル酸エステルについて、具体的な最新の食品接触用途、使用レベル、食事暴露、安全性データに関する科学的データと情報を求めている。FDAはこれらの情報をもとに、許可されたフタル酸エステル類の食品接触使用に関する食事による暴露の推定値及び安全性評価を更新する可能性がある。

 

[FDA]リコール

QueensMade Lemonade は製品に不純物が混入したことによる自主的リコールを発表する

QueensMade Lemonade Issues a Voluntary Recall Due to Products Being Adulterated

May 19, 2022

https://www.fda.gov/safety/recalls-market-withdrawals-safety-alerts/queensmade-lemonade-issues-voluntary-recall-due-products-being-adulterated

 QueensMade Lemonade LLC Cincinnati は、すべてのジュースタイプの製品の自主的リコールを発表している。製品は、検査を受けずに製造され、安全パラメータを確認することができなかったため、不純物が混入している。

 

[FDA] FDAの企業変革への「オールイン」アプローチ

FDA's “All-in” Approach to Enterprise Transformation

05/19/2022

https://www.fda.gov/news-events/fda-voices/fdas-all-approach-enterprise-transformation

FDAはFDAの企業変革への 「オールイン 」アプローチと題し、より効果的かつ効率的なビジネスプロセス、FDAが審査するデータをより良く利用するための能力向上、これらの活動を支援するために設計されたITシステムのより協調的な開発への道筋を示すFDAの新しい企業強化行動計画を紹介する。

 

[ヘルスカナダ]リコール

-プロバイオティクス配合のファイバー4:該当するロットには、表示された用量を超える有効成分が含まれている可能性がある

Fibre 4 with Probiotics: Affected lots may contain active ingredients that are above the labelled dosage.

2022-05-20

https://recalls-rappels.canada.ca/en/alert-recall/fibre-4-probiotics-affected-lots-may-contain-active-ingredients-are-above-labelled

 

-Aqualitas Inc. はGreen Harvest Organics Islander CBD 及びReef Organic CBD Chill Pack (Charlotte's Angel)として販売した乾燥大麻プレロールを一部リコールする

Aqualitas Inc. recalls one lot of dried cannabis pre-rolls sold as Green Harvest Organics Islander CBD and Reef Organic CBD Chill Pack (Charlotte's Angel)

2022-05-20

https://recalls-rappels.canada.ca/en/alert-recall/aqualitas-inc-recalls-one-lot-dried-cannabis-pre-rolls-sold-green-harvest-organics

製品ラベルのカンナビノイド値に誤りがあり、THC(テトラヒドロカンナビノール)、総THC、CBD(カンナビジオール)のラベル表示値が実際の値より低く、総CBDのラベル表示値が実際の値より高くなっている。

 

-JAMP-SENNA:規格外

JAMP-SENNA: Out of Specification

2022-05-19

https://recalls-rappels.canada.ca/en/alert-recall/jamp-senna-out-specification

対象ロットの酵母及びカビの総数が規格外であるため、リコール。

 

-Lafleur Originalブランドのウインナーは食感と見た目の問題でリコール

Lafleur Original brand Wieners recalled due to texture and appearance issues

2022-05-19

https://recalls-rappels.canada.ca/en/alert-recall/lafleur-original-brand-wieners-recalled-due-texture-and-appearance-issues

 

[HK]法令違反等

-CFSはちまきの季節食品サーベイランスの結果を発表する(写真有り)

CFS announces results of seasonal food surveillance on rice dumplings (first phase) (with photo)

Thursday, May 19, 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/press/20220519_9490.html

食品安全センター(CFS)は、各種ちまき67サンプルの微生物学的・化学的検査を行い、全て合格であったと発表した。

 

-食品安全センターはうなぎのサンプルにマラカイトグリーンを検出する

CFS finds malachite green in eel sample

Thursday, May 19, 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/press/20220519_9492.html

食品安全センターは、定期食品調査にてうなぎのサンプルに2.8 ppbのマラカイトグリーンを検出したと発表した。香港ではマラカイトグリーンを含む食品の販売は認められていない。

 

-包装されたポークジャーキーのサンプルから許可されない保存料が検出される

Prepackaged pork jerky sample detected with non-permitted preservative

Thursday, May 19, 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20220519_9493.html

台湾産ポークジャーキーのサンプルから許可されない保存料であるソルビン酸が1550 ppm検出された。

 

[SFA] 聯合早報フォーラムへの回答

包装済みハーブはSFAの食品安全基準と表示要件に適合する必要がある

Prepacked herbs have to comply with and labelling requirements

May 17, 2022

https://www.sfa.gov.sg/docs/default-source/default-document-library/prepacked-herbs-have-to-comply-with-sfa-s-food-safety-standards-and-labelling-requirements.pdf

包装済みハーブはSFAの食品安全基準と表示要件に適合する必要がある

5月6日付の手紙の中で、Loong氏は、「食品包装表示の基準が緩和されたのですか?」と質問し、SFA(シンガポール食品安全庁)に中国医薬品店で販売されている製品の食品包装表示をレビューするよう提案した。

シンガポール食品規則では、シンガポールで販売されるすべての包装された食品は、英語で表示され、食品の一般名または説明と原材料の完全な記述を含む基本的な情報を含む必要がある。SFAでは、食品表示に関する要件を定期的にレビューし、最新の状態に保つようにしている。食品事業者は、食品に禁止物質が含まれておらず、ヒトが食べても安全であることを保証することが求められる。

中国ハーブは、薬用と食品用の両方の原料として使用されていることから、食品-健康製品としてみなされる。一般的に、食品-健康製品は、毎日の食事や用量の定めのない食事の補助として摂取される場合、SFAによって規制される。薬用目的でなく、調理用の包装されたハーブはSFAの食品安全基準および表示要件に準拠する必要がある。薬用目的のハーブ原料(すなわち伝統的医薬品原料)は、シンガポール保健科学庁(HSA)の管轄である。

食品の安全性の保証は、政府、食品業界及び消費者の間の共同責任である。食品製造業者及び取引業者は、シンガポールで販売される食品がシンガポールの食品安全基準及び要件に適合するよう、SFAと緊密に連携しなければならない。すべての関係者は、食品の安全性を保証するために果たすべき役割がある。消費者もその役割を果たし、食品を慎重に選ぶことができる。

 

[FSA]FSAは監査局の報告書を歓迎する

FSA Welcomes National Audit Office Report

18 May 2022

https://www.food.gov.uk/news-alerts/news/fsa-welcomes-national-audit-office-report-0

 英国食品基準庁(FSA)は本日発表された監査局の最新報告書「Regulating after EU Exit(EU離脱後の規制)」に対応する。

 

[FSAI]未承認農薬であるエチレンオキシド検出のためHao Hao チキン風味即席麺の一部をリコール

Recall of a Batch of Hao Hao Chicken Flavour Instant Noodles due to the Presence of the Unauthorised Pesticide Ethylene Oxide

Thursday, 19 May 2022

https://www.fsai.ie/news_centre/food_alerts/hao_hao_chicken_noodles.html

ベトナム産Hao Hao チキン風味即席麺に、未承認の農薬であるエチレンオキシドが含まれていたため、リコール。製品写真あり。

 

論文

-グリホサートと非ホジキンリンパ腫のメタ解析:専門家委員会の結論と助言

Meta-Analyses of Glyphosate and Non-Hodgkin's Lymphoma: Expert Panel Conclusions and Recommendations

Journal of Toxicology and Risk Assessment

https://clinmedjournals.org/articles/ijtra/international-journal-of-toxicology-and-risk-assessment-ijtra-8-044.php?jid=ijtra

オープンアクセス

このレビューはメタ解析の透明性の必要性を強調する。研究選択の基準が多様であること、同じ研究でも異なるリスク推定を選ぶことなどから入手可能なメタ解析では異なる結論に達する。グリホサート暴露と非ホジキンリンパ腫の因果関係の可能性についての信頼性は低い。

 

-PFAS化合物は永遠には残留しない

PFAS chemicals do not last forever

20-MAY-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/953482

紫外線下で亜硫酸とヨウ素を使うと水中PFASが数時間で壊れる

Environmental Science & Technology

 

-有機農業か花の帯か-ミツバチにとってどちらがより良い?

Organic farming or flower strips – which is better for bees?

20-MAY-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/953529

農業における環境対策の有効性はどのような要因をどのような展望でみるかに依存する。Basic and Applied Ecologyに発表された研究によると環境対策において似たようなもの同士を比較することは簡単にミスリードになる。

研究者らはゲッチンゲン近傍の10の農地でそれぞれ三種(有機農業、慣行農業、慣行農業プラス花の帯)の冬小麦の畑を二年間研究した。特定場所での野生のハチの数を比較すると花の帯をもつ慣行栽培の農地が最も多くのハチを惹きつけた。しかし花の帯は耕作地の5%でしかなく、畑全体では有機農業の畑のほうが野生の植物が多いためにミツバチが多い。しかしさらに有機農業の収量が半分しかないことを考えると、有機農業10ヘクタールの農地は慣行農業5ヘクタールと花の帯5ヘクタールの合計と比較する必要があり、それだと同じ収量あたりのミツバチが3.5倍になる。このシナリオでは有機農業はベストではない。

 

-THE LANCETワールドレポート

タバコのない世代:ニュージーランドのタバコ禁止

A smoke-free generation: New Zealand's tobacco ban

Chris McCall

WORLD REPORT| VOLUME 399, ISSUE 10339, P1930-1931, MAY 21, 2022

多くの国がニュージーランドの2009年以降生まれの人にはタバコの販売を禁止する計画の結果を見守っている。

この施策の提唱者は達成可能で現実的だと言うが批判者はかえって魅力的になったり闇市場を拡大する結果になるという。世界は注視している。

マレーシア、デンマーク等も同様の政策の導入を検討している

シンガポールは1990年代後半に公共の場での喫煙を禁止した最初の国で、当時広く批判されたがその数年後には世界中に広まった。そしてシンガポールはニュージーランドの経験を調べるだろうという。ブータンは2010年にタバコの販売と栽培を禁止する法を通過させたが2021年に販売禁止をやめる改定をした。禁止は効果がなかった。

(ところどころ抜粋)

 

その他

-子どもたちが「冷蔵庫の電源が切られて食中毒になっている」

Children 'food poisoned after fridges are turned off'

BBC

https://www.bbc.com/news/uk-england-cornwall-61478106

Cornwallのフードバンクが、両親が節約のために冷蔵庫の電源を切ったため食中毒になっていると主張した。

生活のためのコストが上昇する危機が深刻化しているために、電気の節約のため他の装置も適切に使われていないとTruroフードバンクが言う。洗濯を減らしているので子どもたちは洗わない服で学校に行く。またフードバンクの需要が増えているが寄付は減っている。

エネルギー節約トラストは、冷蔵庫を切るのはどんな短時間でも勧めない、という。

 

-Science Insider

米国機関が議論のある交配と研究施設から100頭以上の犬を持ち去る

U.S. agencies remove more than 100 dogs from controversial breeding and research facility

20 MAY 2022 BY DAVID GRIMM

https://www.science.org/content/article/u-s-agencies-remove-more-100-dogs-controversial-breeding-and-research-facility

Inotiv

米国司法省が5月19日に地方裁判所に申し立てた苦情により、研究用ビーグル犬の交配と供給を行っていた施設から145頭の犬が持ち去られた。もとEnvigo所有で現在はInotivのバージニアにある施設は何十件もの動物福祉法違反が報告されている

 

-エスプレッソとコレステロールを関連させる報告を評価する

Assessing Reports Linking Espresso and Cholesterol

Christopher Labos MD, MSc | 19 May 2022

https://www.mcgill.ca/oss/article/health-and-nutrition/assessing-reports-linking-espresso-and-cholesterol

私はできれば夕食前にこれの文脈を説明するよう言われた。すぐに友人を安心させることができた

私の友人がエスプレッソと総コレステロールの関連についての論文を送ってきて説明を求めた。私はすぐに回答できた。この手の論文を見たら常に質問をしよう。この場合は「どのくらいの大きさか?」

まず初めに、我々はコレステロールは食事や遺伝などに影響される複雑なものであることを思い出すべきである。多くの場合遺伝の影響は大きい。またコーヒーに何を入れるかでも健康影響は異なる。コーヒーは広く摂取されているので、健康への懸念は公衆衛生上意味がある可能性がある。この研究ではコーヒー摂取と総コレステロールの関連をノルウェーの調査データから導き出した。しかしコーヒーをどのくらい飲んだか人々に尋ねることは常に何らかのエラーを含む。またこのような横断研究では、ある一時点でのものごとの測定はその後の変化を考慮しないので食事と健康については問題がある。

この研究には二つの大きな欠点がある。総コレステロールは血中脂質のベストな指標ではない。次に程度の問題である。データが多ければ何らかのパラメーターの僅かな差がみえるようになるが統計的に有意であることと臨床的に意味があることとは違う。この研究では1日3-5杯のエスプレッソを飲むと総コレステロール濃度が女性で0.09 mmol/L、男性で0.16 mmol/L増加した。この変化は例え事実だとしても臨床的に意味はないだろう。

さらに先に行われた無作為化試験ではこの知見を支持しない。一般的にはRCTのほうが観察試験より信頼できる。また観察するのはコレステロール濃度ではなく心臓発作やヌースおっチュであったほうがいい。

なんらかの食品がコレステロールを下げるとか上げるとかいった主張はいとまないが、尋ねるべき重要な質問は、それが健康に実際に影響するほどの差になるかどうかである。通常答えはノーである。

 

-重曹とふくらし粉の違いは何?

What’s the Difference Between Baking Soda and Baking Powder?

Cat Wang, Student Contributor | 19 May 2022

https://www.mcgill.ca/oss/article/student-contributors-general-science/whats-difference-between-baking-soda-and-baking-powder

重曹とふくらし粉の有効成分は重炭酸ナトリウム(NaHCO3)である。熱と酸に反応して二酸化炭素(CO2)を放出してパンやケーキを膨らます。

重曹はほぼ純粋な重炭酸ナトリウムでふくらし粉は重炭酸ナトリウムに粉末の酸を組み合わせたもので水分と熱だけで反応できるようにしてある

 

-Steve Kirschとわかりやすさの誘惑

Steve Kirsch and the Seduction of Simplicity

Jonathan Jarry M.Sc. | 20 May 2022

https://www.mcgill.ca/oss/article/critical-thinking/steve-kirsch-and-seduction-simplicity

起業家が特許の切れた医薬品のCOVID-19治療薬としての効果研究に投資することを決めた。何故それが彼を反ワクチン運動に導いたのか?

科学者が大学で学ぶ最も大事な教訓は科学は複雑だということだ。

Steve Kirschは特許の切れた医薬品のCOVID-19治療薬としての効果を調べる会社を作った。彼は科学的知見を誇張し続け、やがてCOVID-19ワクチンは恐ろしいものでイベルメクチンやフルボキサミンのような特許切れの医薬品がCOVID-19に極めて有効だと主張するようになった。

(長い記事)

2022-05-20

[EU]査察報告

-ハンガリー―動物や製品の輸入と国境検査所のEU要件順守の確認

Hungary 2021-7219―Imports of animals and goods and verification of compliance of border control posts with Union requirements

05/05/2022

https://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=4471

2021年5月19日~10月7日まで実施したハンガリーの動物と製品の輸入に関する公的管理システムと国境検査所のEU要件への順守検証の査察。BCPsからEUに入る動物と製品の公的管理の実施方法、伝染病や感染症の入り込みを最小限に抑えているかどうか、輸入や経由に関する公的管理の品質、効果、妥当性、そしてそれらの手順および/または取り決めが公平で一貫しているかどうか、再指定された国境検査所、指定入国地点、第一導入地点のBCPsや検査センターがEU規則や関連する規則の要件に従っているかどうか、を評価した。一部の国境検査所で文書化手順や保管施設の規定に関して小さな欠点が見つかったものの、概してこれらは全体的な管理システムの機能に悪影響はない。

 

-イタリア―飼料の衛生に関する公的管理

Italy 2021-7210―Official controls on feed hygiene

05/05/2022

https://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=4469

2021年11月15~26日に実施した、イタリアの飼料の衛生分野の公的管理を検証するための査察。飼料の公的管理システムの検査計画や十分に機能する多くの側面に、採用されたリスクに基づくアプローチがあるにもかかわらず、査察チームは、管理システムの効果を集合的に損なう管轄機関の業績の多くの側面に欠点を確認した。飼料事業者のHACCP計画、飼料の包括的なトレーサビリティを確保するための事業者の手順、違反やサンプリングを修正するために事業者が対処した完全性の検証、サンプリングの評価が含まれていた。

 

-ドイツ―飼料の衛生に関する公的管理

Germany 2021-7215―Official controls on feed hygiene

05/05/2022

https://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=4470

2021年10月11~21日に実施した、ドイツの飼料の衛生に関する公的管理システムの査察結果。ドイツでは、飼料に関する公的管理計画(検査とサンプリング)については、検査は一般的によく実施され、リスクに基づいていて、事業者が関連する法の要件のほとんどを満たすことを検証できる。 だが、他の加盟国で見られる状況と同様に、事業者のHACCPシステムの表面的な評価や、表示検査実施の不正確さが、その他の点ではよく機能する管理システムの効果を弱めている。

 

-ルーマニア―水産物

Romania 2021-7165―Fishery products

05/05/2022

https://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=4467

2021年9月20日~10月1日まで実施した、水産物に関するEU規則の公的管理を評価するためのルーマニアの査察。設定されている公的管理システムは全生産チェーンをカバーし、チェーンに沿って欠点を特定・修正するのに必要な全ての要素で構成されている。だが、未登録で管理されていない漁船が多く、対象範囲のシステムの有効性に影響を与えている。さらに、公的モニタリングや研究所のシステムはEU規則が求める全ての物質を含んでおらず、特に燻製水産物とその調理品の特定の汚染物質に関するEU基準の遵守についての検証を妨げている。

 

-ポーランド―アグリフードチェーンにおける不正に関する実態調査研究

Poland 2021-7147―Fact-finding study on fraud along the agri-food chain in accordance with Regulation (EU) 2017/625

04/05/2022

https://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=4461

2021年9月6~14日にリモートで実施した、ポーランドのアグリフードチェーンにおける不正の実態調査研究の結果。異物混入リスクのある農産物にリスクに基づいた計画工程を支援するため、入手可能なデータセットや集めた情報を活用するメカニズムが設定されている。植物の健康・種子検査局と税関が行う包括的な管理は、詐欺や違法製品の検出を保証している。管轄機関には異物混入食品や不正・詐欺の植物保護製品を市販した事業者に行政処分を課す権力と規制があるが、ほとんど行政処分に頼っている。食品分野で意図的に違反を繰り返す場合は罰金も課す必要がある。行政支援と協力の協定は、加盟国と欧州委員会とのタイムリーで的を射た情報交換に適していて効果的に実行されている。内部告発者を保護する適切な水準の保証が進行中である。

 

-モルドバ共和国―動物用医薬品の管理を含む生きた動物と動物製品の残留物と汚染物質

Moldova, Republic of 2021-7237―Residues and contaminants in live animals and animal products including controls on veterinary medicinal products

25/04/2022

https://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=4466

2021年9月27日~10月7日まで実施した、EU輸出用生きた動物と動物製品の残留物と汚染物質の公的管理の効果を評価するためのモルドバ共和国の査察結果。モルドバ共和国は動物用医薬品の法律の多くをEUのものと統一している。分析結果の信頼性に関する疑問やサンプル件数不足の問題があるにもかかわらず、検出された違反結果の割合が比較的低いことで保証は裏付けられている。全ての研究所は認可を受け満足のいく業績を示しているが、スクリーニング分析法の妥当性や内部品質管理手順実行に欠点があり、分析結果の信頼性や全体的な残留物管理システムの効果の確実性を弱めている。

 

[WHO]第75回 世界保健総会

Seventy-fifth World Health Assembly

https://www.who.int/about/governance/world-health-assembly/seventy-fifth-world-health-assembly

 

[FSANZ]食品基準通知

Notification Circular 201-22

​​​​​​​20 May 2022

https://www.foodstandards.gov.au/code/changes/circulars/Pages/Notification-Circular-201-22.aspx

意見募集

・加工助剤としてのAspergillus tubingensis由来ポリガラクツロナーゼ遺伝子を含むGM Aspergillus oryzae由来ポリガラクツロナーゼ

・加工助剤としてのAspergillus tubingensis由来ペクチンエステラーゼ遺伝子を含むGM Aspergillus oryzae由来ペクチンエステラーゼ

 

-GM由来の二つの新しい加工助剤に意見募集

Call for comment on two new processing aids from GM sources

20/05/2022

https://www.foodstandards.gov.au/media/Pages/Call-for-comment-on-two-new-processing-aids-from-GM-sources.aspx

2022年7月1日まで

 

[RIVM]報告書

-植物保護製品の溶出評価のためのオランダ意思決定樹 改訂2022バージョン

The Dutch decision tree for the evaluation of the leaching of plant protection products. Revised 2022 version

18-05-2022

https://www.rivm.nl/publicaties/dutch-decision-tree-for-evaluation-of-leaching-of-plant-protection-products-revised

農薬の地下水への溶出評価のためのツール改訂

英語

 

-電子タバコ用リキッド中の23の香料の健康影響

Health effects of the 23 flavourings in liquids for e-cigarettes

19-05-2022

https://www.rivm.nl/publicaties/gezondheidseffecten-van-23-smaakstoffen-in-vloeistoffen-voor-e-sigaretten

RIVMは電子タバコに使われる可能性のある23物質のリストを提案している。2016年以降、健康に害のない1物質のみが電子タバコに許可されている。

23物質中2物質は発がん性が知られ、もう一つはアレルギーを誘発する。そのような物質について安全な量を決めることはできない。

残り20物質については気道への特異的影響を評価するための情報がない。一部の物質については経口摂取の健康影響情報がある

本文オランダ語

 

-医療用埋め込み機器の6価クロムは健康に害はない

Chromium-6 from medical implants not harmful to health

05/18/2022

https://www.rivm.nl/en/news/chromium-6-from-medical-implants-not-harmful-to-health

股関節や膝のインプラントのような医療用埋植機器由来の6価クロムは重大な健康障害はおこさない。RIVMの文献研究の結論。

インプラントが体液と接触すると6価クロムが放出される可能性はあるがほとんどは害の少ない3価クロムになり、6価クロムはごく一部が血流に乗って全身に広がる。それが健康障害になる兆候はない。

金属アレルギーの可能性は僅かに大きい

本文オランダ語

 

-週刊SARS-CoV-2報告

Weekly coronavirus SARS-CoV-2 figures

17 May 2022

https://www.rivm.nl/en/coronavirus-covid-19/weekly-figures

2022年5月17日からこのページの情報を拡大して陽性者数と病院の占有率に加えて検査陽性率、下水サーベイランス、病原体サーベイランスを加えた

(下水の数字をどう読めばいいのか、他国と比較できるものなのか?)

 

論文

-45才以上の成人でのアルツハイマー病と関連認知症の変更可能なリスク要因-米国2019

Modifiable Risk Factors for Alzheimer Disease and Related Dementias Among Adults Aged ≥45 Years — United States, 2019.

Omura JD, McGuire LC, Patel R, et al.

MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2022;71:680–685.

https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/71/wr/mm7120a2.htm?s_cid=mm7120a2_w

45才以上で主観的認知機能低下(SCD)のある人は、そうでない人に比べて4つ以上のリスク要因を報告する可能性が高い(34.3% 対 13.1%)。全くリスク要因のない成人でのSCDは3.9%だったが、4つ以上のリスク要因のある人は25.0%だった。

*リスク要因:高血圧、運動不足、肥満、糖尿病、鬱、喫煙者、難聴、暴飲

 

-BNT162b2 mRNAワクチン2回接種後の抗SARS-CoV-2抗体濃度に関連する人口学的および臨床的要因

Demographic and Clinical Factors Associated With Anti–SARS-CoV-2 Antibody Levels After 2 BNT162b2 mRNA Vaccine Doses

Su Youn Nam et al.,

JAMA Netw Open. 2022;5(5):e2212996.

https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2792387

50人の、COVID-19ワクチン接種後2、4、6ヶ月後の抗SARS-CoV-2特異抗体の量は、体重と逆相関した。体重が55kg以下の若年から中年の健康な成人の抗体量は6ヶ月経っても高いままだった。韓国。

(韓国人なので日本人にあてはめやすいかも)

 

Science  20 MAY 2022 • VOL 376 ISSUE

-研究のCOVID化収まる

‘COVID-ization’ of research levels off

BY JEFFREY BRAINARD 19 MAY 2022: 782-7

専門外からこの分野に飛び込んできた研究者はインパクトの低い仕事をした、研究が発見

パンデミック初期にCOVID-19にテーマをシフトした研究者たちがCOVID-19から離れつつある。最近の出版傾向の解析では、パンデミック関連論文数は2020年と2021年に爆発的に増えた後、今年は減少しているようだ。公衆衛生や感染症の専門分野ではCOVID-19論文数は一定になり、パンデミックとは遠い学術分野ではCOVID-19論文は減少している。

パンデミックは膨大な数の研究者を動員し、4月までに50万以上の論文やプレプリントが出た。これは学術論文全体の4%程度であるがこのような論文数の急増は科学史上無比である。一部の分野では特に劇的なシフトが見られ、ウイルス学ではコロナウイルスのシェアが2019年には約3%だったのが2021年は28%になり、感染症分野では1%が23%に増加した。このような数は研究のCOVID化と呼ばれる懸念を引き起こした。あまりにも多くの専門外の研究者が研究に参入し、質の低い研究を生み出す。ある研究によると2020年にCOVID-19に関する論文を少なくとも一報発表した著者の2/3はこれまでに関連トピックスの業績はない。さらに2020年に発表されたCOVID-19論文はCOVID-19以外の論文の平均以下のインパクトで、専門外から参入した研究者の論文のインパクトは低い。

 

-あなたはフェイスマスクが嫌い?希望がある

Do you hate your face mask? There’s hope

BY JON COHEN 19 MAY 2022: 783-784

米国政府のコンテストでより良いフェイスカバーを作るために10社が競争

優勝者は10月に発表される

マスク革新チャレンジ 

MASK INNOVATION CHALLENGE

https://drive.hhs.gov/mask_challenge.html

10種類

 

-レター 良い科学はより良い動物福祉を必要とする

Good science requires better animal welfare

  1. NEVILLE B. LECORPSAND M. MENDL

SCIENCE 19 May 2022 Vol 376, Issue 6595 p.809

生命医学研究の再現性と適用可能性の危機に対応するため、NIHと英国MRCが最近動物実験はデフォルトで雌雄両方を含むものにしか研究費を出さないと発表した。しかしこの努力は実験に使用する動物を減らそうとする試みとは矛盾し、動物の福祉改善の役割を見落としている。

(以下略)

 

その他

-SMC UK

不眠に睡眠錠剤の代わりにアプリを用いた治療‘Sleepio’を使うNICEガイドラインへの専門家の反応

expert reaction to NICE guidance on using the app based treatment ‘Sleepio’ for insomnia instead of sleeping pills

MAY 20, 2022

https://www.sciencemediacentre.org/expert-reaction-to-nice-guidance-on-using-the-app-based-treatment-sleepio-for-insomnia-instead-of-sleeping-pills/

NICEが不眠の人に睡眠錠剤の代用としてアプリを用いた治療‘Sleepio’を勧めた

King’s College London IoPPN、神経学と睡眠医学教授で神経専門相談医で睡眠臨床指導者Guy Leschziner教授

認知行動療法が医薬品と同程度に有効で、有効性持続期間が長いという根拠もある。さらに一部の医薬品のような副作用のリスクがない。

英国のほとんどの睡眠センターの不眠治療の第一選択は既に認知行動療法であるが、それはリソースを多く費やすので、こうしたデジタルプラットフォームはより多くの人に届けることができるだろう。

 

遺伝子組換え豚を使った豚から脳死した人への腎臓異種移植2症例の結果への専門家の反応

expert reaction to results of two cases of pig-to-brain dead human kidney xenotransplantation using genetically modified pigs

MAY 18, 2022

https://www.sciencemediacentre.org/expert-reaction-to-results-of-two-cases-of-pig-to-brain-dead-human-kidney-xenotransplantation-using-genetically-modified-pigs/

NEJMに発表された論文が、豚から人への腎臓移植の2症例の結果を報告した

NHS血液と移植の広報担当者

我々は常に将来より多くの患者が移植による利益を受けられるようになるための新たな研究に関心をもっている。ここ数ヶ月でこの異種移植の分野にいくつかの新たな発展があったが、まだ現実になるにはしばらくかかる。研究は続くがその間我々にはまだ臓器提供の決断を皆がして家族に知らせておく必要がある。

 

-SMC NZ

NZの「意図的デマ12傑」が議会抗議でのフェイクニュースを煽った-ニュースから

NZ’s “disinformation dozen” fuel fake news at Parliament protest – In The News

19 May 2022

https://www.sciencemediacentre.co.nz/2022/05/19/nzs-disinformation-dozen-fuel-fake-news-at-parliament-protest-in-the-news/

NZのデマ研究者の新しい報告によると、議会での抗議活動はこれまでみられなかったものだった

2022年2月の議会占拠を理解するためにデマプロジェクトチームがこのイベント前と後のソーシャルメディアにおけるデマを追跡し、その拡大と速度と規模が11月以降ずっと大きくなっていたことを発見した。デマとの相互作用レベルが最大になったのは2月10日と3月2日、抗議の最終日だった。

「多くの人が主流メディアよりデマアカウントを見ていた」とデマプロジェクトリーダーのKate Hannahが語った。抗議の最終日にはデマネットワークの相互作用の73%がたった12人のデマ屋によって生み出されていた。

同様のデマの動きは2021年1月の米国での国会暴動でも見られた。

抗議が終わっても陰謀論はなくなっていない-NZはこの問題に対処しなければならない

報道リンク多数

報告は以下から

ワーキングペーパー:情報病のざわめき

Working Paper: The murmuration of information disorders

https://thedisinfoproject.org/2022/05/18/working-paper-the-murmuration-of-information-disorders/

ニュージーランドのデマ生態学と議会抗議

(ロシアのデマプロパガンダの影響がNZにも)

 

-コンシューマーラボ

紅麹サプリメントレビュー

Red Yeast Rice Supplements Review

05/19/2022

https://www.consumerlab.com/reviews/red-yeast-rice-supplements-review/red-yeast-rice/

紅麹サプリメントの50%はコンシューマーラボの検査で「認められない」

紅麹は天然にコレステロールを下げる作用のあるロバスタチン化合物を含み、有効だが、サプリメントに含まれる量は必ずしも十分でなく、製品にロバスタチン含量は通常表示されていない。検査したサプリメントのロバスタチン量は一回量あたり全く含まれないから7.5mgまでの範囲であった。コレステロールを下げる用量を含むのは検査した10製品中2製品のみだった。またコンシューマーラボが2018年に調べた時からロバスタチン含量が変わった製品があり、ある製品では91%減っていた。さらに腎毒性の可能性のあるシトリニンが30%の製品から検出され、ある製品のシトリニン量は欧州での許容量の3倍だった。

これらのことから、一貫して安定した用量をより安価に入手できる処方スタチンを使った方が良い。

(紅麹サプリメントはサプリメントの悪いところを煮詰めたような製品で、医薬品行政の敗北のシンボル)

2022-05-19

[BfR]「PARC」:化学物質リスク評価に関するEU研究パートナーシップ開始

"PARC": EU research partnership on chemical risk assessment launches

16.05.2022

https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2022/18/_parc___eu_research_partnership_on_chemical_risk_assessment_launches-297593.html

欧州連合 (EU)の「PARC」戦略は2022年5月11日にパリで開始され、化学物質評価に関する新境地を切り開いている。PARC は化学物質リスク評価のための欧州パートナーシップを意味する。ヒトの健康と環境をより適切に保護するため、化学物質に関する知識の向上を目指している。このプログラムの今後7年間の資金総額は4億ユーロである。ドイツでは、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR) とドイツ環境庁(UBA) が主導的役割を果たす。

多国籍欧州プロジェクトのPARCには28カ国の200近い機関と3つのEU当局が参加している。このパートナーシップは、フランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)によって調整され、EUの化学物質戦略と、健康や環境に有害な物質を大幅に削減することを目指す 「欧州グリーンディール」を支援することを目的としている。PARCの資金の半分は、欧州研究革新枠組みプログラムであるHorizon Europeを通じてEUから提供されている。残りの半分はそれぞれのパートナー国から提供される。PARCでは、BfRが「毒性」ワークパッケージを、UBAが「モニタリングと暴露」ワークパッケージを主導する。

PARCの主要な目的は、欧州協力を促進し、研究を進め、化学物質リスク評価の知識を深め、関連する方法論的技能を訓練することである。結果として、有害な化学物質が健康と環境にもたらすリスクを低減するための欧州及び各国戦略の着手に役立つだろう。さらに、動物実験を減らし、次世代リスク評価のための戦略を実施するのに役立つだろう。

PARCは、欧州ヒト・バイオモニタリング・イニシアチブ (HBM 4 EU) 、最重要アクションEU-ToxRisk 、動物を使わない化学物質安全性評価クラスター(ASPIS) 及び内分泌攪乱物質同定改善のための欧州クラスター  (EURION) を含み、従来のプロジェクトの体制と知見に基づく。

PARCプログラムには3つの主要な目的がある:

・化学物質評価の研究と革新を促進し、その知見を化学物質の規則に反映させるためのEU全域にわたる学際的ネットワークの更なる発展

・緊急課題に関するEU共同研究プロジェクトを開始 - リスク評価を支援し、新たな課題に対応する

・既存の研究能力を強化する - 同時に、EU全体で学際的なプラットフォームが確立され、化学物質のリスク評価に新たな弾みを与えることを目的とする。

BfRが担当するワークパッケージは、次の目標に重点を置いている:

・潜在的に有害な物質のリスク評価のためのデータギャップを埋めることにより、消費者の健康保護を向上させる

・これらの物質の化学ハザードの同定、リスク評価及び規制則に直接寄与する革新的かつ予測的な方法を開発し、改善する。

・健康と環境を保護するためのリスク評価概念の改善

・動物実験に代わる方法のさらなる開発

・欧州における化学物質のリスク評価への統一的アプローチへの貢献としての毒性学者の欧州全体のネットワークの確立

さらに、BfRは「共通の科学政策アジェンダ」ワークパッケージ に関わっており、PARCで達成された成果が欧州の規制当局の業務に活かされることを保証するための基礎となる。

UBAが担当するワークパッケージは、次の目的に重点を置いている:

・HBM 4 EU研究の継続におけるEU全体の持続可能なヒトバイオモニタリングの確立

・プラネタリーヘルスアプローチによる環境と健康への影響の考慮の統合

・追加の物質群及び混合物を考慮する、既存のモニタリングプログラムのさらなる開発

・有害物質の最初又は更新の認可の手段としてのモニタリング結果の体系的な確立

・低濃度汚染物質を検出するための革新的な分析法の開発

さらに、UBAは 「規制リスク評価におけるイノベーション」ワークパッケージに積極的にかかわっており、化学物質規制の規則をさらに改善するために、既存の評価と知識のギャップを埋めるための新しい革新的な概念を開発している。

 

[CFIA] カナダ政府は食品偽装に引き続き取り組む

Government of Canada continues to tackle food fraud

May 12, 2022

https://www.canada.ca/en/food-inspection-agency/news/2022/05/government-of-canada-continues-to-tackle-food-fraud.html

カナダの法律では、食品の虚偽表示を禁止しており、食品の偽装、不純物混入及び代替品は、虚偽表示として、食品詐欺に該当する可能性がある。カナダ食品検査庁(CFIA)は、食品が適切に表示され、安全に消費でき、企業が公正な競争ができるように支援する。

CFIAが最新の「食品詐欺年次報告書」を発表した:2020年から2021年の蜂蜜、魚、オリーブオイル、その他の高価な油(ゴマ油、グレープシードオイル、ココナッツオイル他)、香辛料の5つの食品の真偽を検査するサーベイランス強化活動の結果を概説する。5品目のうち4品目は87%以上が満度のいく結果を示し、高価な油(オリーブオイル以外)は66%が満度のいく結果であった。この5つの食品は、虚偽表示される可能性が高い製品である。

基本データ

2020年から2021年にかけて、CFIAは合計525のサンプルについて真正性を調査した。強化ターゲットサンプリングにより、以下のような満足のいく結果が得られた:

88.5 % 蜂蜜

91.2% 魚

87.8% オリーブオイル

66.2% その他の高価な油(ゴマ油、グレープシードオイル、ココナツオイル、アーモンドオイルなど)

92.9% 香辛料

CFIAは、カナダの食品業界と協力して法令遵守を推進し、規制要件を満たすのに役立つツールを提供する。産業用ラベリングツール、トレーサビリティインタラクティブツール、自動輸入参照システム及びCFIA 魚類リストが含まれる。

2019年6月に開始された「カナダのための食品政策」の下、カナダ政府は食品詐欺に取り組むCFIAのために5年間で2440万ドルを投資した。この資金により、CFIAは検査、サンプル収集、食品の真正判定、監視活動のより適切な的を絞るための情報収集、調査能力の拡充を行う。また、業界の規制遵守を推進し、情報共有、ベストプラクティスの探求及び食品詐欺と戦う革新的な解決策の検討により、他の管轄区域や他の政府部門との協力も推進する。このような活動により、消費者を詐欺から、企業を不公正な市場競争から保護する。

CFIAはヘルスカナダと緊密に連携し、食品詐欺に関連する健康と安全のリスクに対処することでこうした取り組みを支援し、食品の不純物を検出するための新しい方法の可能性を研究する。

 

[ヘルスカナダ]カルガリーの小売販売のAdult Sourceは、食品医薬品法の違反で3万ドルの罰金と12ヶ月の保護観察処分を受ける

Calgary retail-chain Adult Source receives $30,000 fine and 12-month probation order for offences under the Food and Drugs Act

May 17, 2022

https://www.canada.ca/en/health-canada/news/2022/05/calgary-retail-chain-adult-source-receives-30000-fine-and-12-month-probation-order-for-offences-under-the-food-and-drugs-act.html

ヘルスカナダの調査の結果、Adult Sourceの事業を行うNational Agricultural Corporationは、未承認の男性用性機能強化薬の販売に関する食品医薬品法に基づく罪状を認め、3万ドルの罰金と、医薬品、ナチュラルヘルス製品、医療機器を含むあらゆる健康製品の販売、輸入、包装、製造、流通を禁止する12カ月の保護観察処分を受けた。

 

[FSA]研究プロジェクト

食品事業者:変化する環境による影響

Food Business Operators: Impact of a Changing Landscape

16 May 2022

https://www.food.gov.uk/research/emerging-challenges-and-opportunities/food-business-operators-impact-of-a-changing-landscape

 食品基準庁(FSA)がCOVID-19パンデミックの状況で小規模、零細食品事業者(FBO)の最近の経験を理解するため、イングランド、ウェールズ、北アイルランドの小規模、零細FBO 30 名を対象とした定性調査から得られた知見をまとめた報告書。

 

[FSS]燻製魚と生鮮食品:スコットランド食品基準局は食品事業者がより安全な食品を作るための2つの最新ツールを発表した

Smoked Fish and Fresh Produce: Food Standards Scotland has published two updated tools to help food businesses make safer food

17 MAY 2022

https://www.foodstandards.gov.scot/news-and-alerts/smoked-fish-and-fresh-produce-food-standards-scotland-has-published-two-updated-tools-to-help-food-businesses-make-safer-food

 スコットランド食品基準局(FSS)は、生鮮食品生産者が農産物の栽培方法リスクを評価するためのツールと、燻製魚製造業者が魚の燻製方法リスクを評価するためのツールの2つのオンラインツールを更新し、公開した。

 

[FSAI]今後のイベント - 食品組成変更

Upcoming Event - Food Reformulation

Monday, 16 May 2022

https://www.fsai.ie/ReformulationEvent_News_16_05_2022/

「アイルランドにおける食品組成変更 - 食品カテゴリーの定義とベースラインの設定」と題した、食品カテゴリーと食品組成変更の基準値の設定について説明する無料イベントを2022年6月1日(水)にオンラインで開催する。要登録。

 

[FDA]リコール

Mars Wrigley Confectionery US, LLCが、グミに糸状の金属片の混入または袋の緩みの可能性があるため、特定の種類のSKITTLES® Gummies, STARBURST® Gummies, and LIFE SAVERS® Gummiesをリコール。

Mars Wrigley Confectionery US, LLC Issues Voluntary Recall of Specific Varieties of SKITTLES® Gummies, STARBURST® Gummies, and LIFE SAVERS® Gummies Due to Potential Presence of Thin Metal Strand Embedded in Gummies or Loose in the Bag

May 13, 2022

https://www.fda.gov/safety/recalls-market-withdrawals-safety-alerts/mars-wrigley-confectionery-us-llc-issues-voluntary-recall-specific-varieties-skittlesr-gummies

 Mars Wrigley Confectionery US, LLCは、グミに糸状の金属片の混入または袋の緩みの可能性があるため、特定の種類のグミをリコール。製品写真有り。

 

[FDA]プレスリリース

-FDAは乳児用調製乳の供給問題を軽減するための活動に関する最新情報を提供し、Abbott Nutrition社は安全な乳児用調製乳を製造するための施設における是正措置に合意する

FDA Provides New Updates on Activities to Mitigate Infant Formula Supply Challenges, Abbott Nutrition Agrees to Take Corrective Actions at Facility to Produce Safe Infant Formula

May 16, 2022

https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/fda-provides-new-updates-activities-mitigate-infant-formula-supply-challenges-abbott-nutrition

 米国食品医薬品局(FDA)は、米国における乳児用調製乳の供給と入手を高めるための継続的な取り組みに関する重要な最新情報を発表し、輸入に関する新たな措置を含め、製品の国内供給力を高めることに注力する。

 

-FDAが安全な乳児用調製乳の輸入を奨励、その他の柔軟な対応で入手をさらに拡大する

FDA Encourages Importation of Safe Infant Formula and Other Flexibilities to Further Increase Availability

May 16, 2022

https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/fda-encourages-importation-safe-infant-formula-and-other-flexibilities-further-increase-availability

 米国食品医薬品局(FDA)は、乳幼児の健康を保護しつつ、全米での乳児用調製乳の入手可能性をさらに高めるために、特定の乳児用調製乳製品の輸入を柔軟に対応することを概説するガイダンスを発表する。他国の特定の調製乳製品の輸入や外国に輸出するために米国で製造した製品の米国内での流通に反対しないプロセスを説明する。

https://www.fda.gov/regulatory-information/search-fda-guidance-documents/guidance-industry-infant-formula-enforcement-discretion-policy

 

[FDA]警告文書

-Evans Farms Feed

APRIL 21, 2022

https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warning-letters/evans-farms-feed-625841-04212022

CGMP違反、動物用食品、調理、包装、衛生管理、不純品の問題。検査で、関係する馬の餌に基準値1.0 ppmを超えるフモニシン が検出された。

 

-El Dorado Imports Inc

APRIL 26, 2022

https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warning-letters/el-dorado-imports-inc-626870-04262022

「外国供給業者検証プログラム(FSVP)」違反の問題。

 

(以下、FSVP関連)

-Fres Co, LLC

APRIL 18, 2022

https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warning-letters/fres-co-llc-627216-04182022

-LECS USA Inc.

MARCH 28, 2022

https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warning-letters/lecs-usa-inc-623164-03282022

-Triple J Fresh, LLC

APRIL 25, 2022

https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warning-letters/triple-j-fresh-llc-627680-04252022

-Lempira Distribution LLC

NOVEMBER 03, 2021

https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warning-letters/lempira-distribution-llc-616514-11032021

 

[HK]ニュースレター

Food Safety Focus

18 May 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/multimedia/multimedia_pub/multimedia_pub_fsf.html

掲載項目

- 植物性ミルクの代替品についてhttps://www.cfs.gov.hk/english/multimedia/multimedia_pub/multimedia_pub_fsf_190_01.html

-冷凍で食品を保存する - 冷凍食品の安全な取り扱い方         

- チョコレートに含まれるサルモネラ菌

- CFS「EAT TV」食品安全チャンネル開設https://www.youtube.com/channel/UCMpLk04Hbn2ATOWzCU_jWEQ

 

[HK]法令違反

-未調理のギョーザの皮のサンプルから基準値超過の保存料が検出される

Sample of uncooked dumpling wrapper detected with excessive preservative

Tuesday, May 17, 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/press/20220517_9485.html

食品安全センター(CFS)は本日(5月17日)、未調理のバラ詰めギョーザの皮のサンプルから、保存料である安息香酸が基準値を超えて検出されたことを発表した。検査の結果、サンプルには安息香酸が6,880 ppm含まれており、基準値1,000 ppmを上回っていた。

 

-豚皮のフライのサンプルから許可されない保存料が検出される

Deep-fried pork skin sample detected with non-permitted preservative

Tuesday, May 17, 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20220517_9480.html

豚皮のフライのサンプルから許可されない保存料である二酸化硫黄が54 ppm検出された。

 

-マカオでCOVID-19ウイルスが陽性となった包装輸入冷凍エビのサンプルをCFSが追跡調査する

CFS follows up on packaging sample of imported frozen shrimp tested positive for COVID-19 virus in Macao

Monday, May 16, 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/press/20220516_9479.html

CFSは本日(5月16日)、マカオでインドネシアからの包装輸入冷凍エビのサンプルにCOVID-19ウイルスが検出された件について、フォローアップを行っていると発表した。

 

[フィンランド食品局]シャグマアミガサタケは正しく扱わなければならない

False morels should be handled correctly

May 6/2022

https://www.ruokavirasto.fi/en/private-persons/information-on-food/elintarviketiedotteet/false-morels-should-be-handled-correctly2/

シャグマアミガサタケは生では毒である。中毒を避けるために適切な調理が必要である

(いつもの警告)

 

[EPA]EPAは5つのPFAS化合物をヒト健康と環境を保護するための地域スクリーニングと除去管理レベルリストに追加

EPA Adds Five PFAS Chemicals to List of Regional Screening and Removal Management Levels to Protect Human Health and the Environment

https://www.epa.gov/newsreleases/epa-adds-five-pfas-chemicals-list-regional-screening-and-removal-management-levels

・ヘキサフルオロプロピレンオキシドダイマー酸及びそのアンモニウム塩(HFPO-DA – しばしば GenX 化合物と呼ばれる)

・パーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)

・パーフルオロオクタン酸(PFOA)

・パーフルオロノナン酸(PFNA)

・パーフルオロヘキサンスルホン酸(PFHxS)

Regional Screening Levels (RSLs) - What's New

https://www.epa.gov/risk/regional-screening-levels-rsls-whats-new

 

[WHO]第75回世界保健総会は回復と再生のために「平和のための健康、健康のための平和」に焦点を定める

Seventy-fifth World Health Assembly to focus on “Health for Peace, Peace for Health” for recovery and renewal

17 May 2022

https://www.who.int/news/item/17-05-2022-seventy-fifth-world-health-assembly-to-focus-on--health-for-peace--peace-for-health--for-recovery-and-renewal

 

論文

-インド アンドラプラデシでの大規模な政府が規制し資金提供した有機農業指導の農薬使用への影響:横断研究

Impact of large-scale, government legislated and funded organic farming training on pesticide use in Andhra Pradesh, India: a cross-sectional study

Lindsay M Jaacks, et al.,

THE LANCET PLANETARY HEALTH VOLUME 6, ISSUE 4, E310-E319, APRIL 01, 2022

https://www.thelancet.com/journals/lanplh/article/PIIS2542-5196(22)00062-6/fulltext

政府の規制と資金提供による有機農業トレーニングが、インドの農家の農薬使用と農薬販売者による販売を減らすかどうかを評価した。

2020年8月11日から11月26日まで、アンドラプラデシのクルヌール地方の農家と農薬小売業者を調査した。アンドラプラデシでは2030年までに100%有機農業に移行するというAPCNF計画が実施されていてその影響を評価した。962の農家に参加を呼びかけ894が同意し、小売業者は47のうち38が同意した。農家は中央値で2年間APCNF計画に参加していた。APCNF農家は慣行栽培農家より農薬の使用は少なかったがどちらも農薬使用は多い。農薬販売に差はない。

結果としては、政府が強力に有機農業を推進しているにも関わらず、農家の半分は農薬を使用し続け地域レベルでの農薬販売に影響は見られなかった

 

この論文の地域からの報告

 

クルヌール(インド)での有機農業の影響:農家は成果の不足と販売経路の無さに不満

Impact of organic farming in Kurnool: Farmers bemoan shortfalls in execution, lack of marketing avenues

G Ram Mohan 5 May 2022

https://www.news9live.com/state/andhra-pradesh/impact-of-organic-farming-in-kurnool-farmers-bemoan-shortfalls-in-execution-lack-of-marketing-avenues-168461

何故有機農業は拡大しないのか?APCNFによる自然農法を実践している耕作地を訪問した。農家は、有機農業に変更したせいで収量が下がったにも関わらず高値で売れない、残留農薬検査に失格となる、等を報告している。有機の資材(動物の糞やニームの葉など)はもともと広い面積に使えるようにはなっていない。労働力が足りない、等

 

-農場から食卓までの多様性を測定する:新しい報告書は地中海10カ国を評価

Measuring diversity from farm to fork: A new report evaluates 10 Mediterranean countries

18-MAY-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/952903

農業生物多様性指標Agrobiodiversity Indexを使って地中海沿岸諸国の農場・市場・食卓での農業生物多様性を調べた。消費における多様性、生産における多様性

 

-帝王切開で生まれることは乳児期の食物アレルギーリスクの増加と関連しない

Caesarean births not linked to increased risk of food allergy during infancy

18-MAY-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/952918

Journal of Allergy and Clinical Immunology: In Practiceに発表されたMURDOCH子ども研究所の研究。オーストラリア

 

-セリアック穀物-研究がオートムギが答えになる可能性を示す

Coeliac cereal – Research shows oats could be the answer

18-MAY-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/953134

Natureに発表されたオートムギのゲノム配列決定

グルテン様配列は少なく、発現量も低く、アレルギーや不耐の引き金にはなりそうにないことが確認された。ベータグルカンは比較的多くコメに類似する。

 

-あなたの皿の微生物を定量する

Quantifying the live microbes on your plate

18-MAY-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/953180

科学者が初めて米国人の食事で摂取されている生きた微生物の大規模推定を行った

Journal of Nutritionに発表されたNHANESを使った研究

ヨーグルトやキムチのような発酵食品を生きた微生物が多い(10^7 cfu/g以上)、生鮮未調理野菜果物を中程度(10^4-10^7 cfu/g)と分類するなどして計算

 

-ワインのエイジングについての最近の進歩

Recent advances in the aging of wine

18-MAY-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/953198

ACS雑誌に最近発表された論文いくつかの紹介

 

-Nature Medicine v28 n4

特集:がん研究の未来

https://www.natureasia.com/ja-jp/nm/28/4

がん治療:プロバイオティクスのサプリはがん免疫療法の奏功を後押しする

がん治療/腸マイクロバイオーム:転移性腎細胞がんでのニボルマブ–イピリムマブ併用療法に対する生菌製剤の併用効果:無作為化第1相試験

(プロバイオティクスってミヤリサン製薬のCBM588(宮入菌)。昔からある(ミヤリサン製薬によると1933年発見1940年医薬品)ものだけどプロバイオティクスのサプリという言い方する?)

 

その他

-欧州レシチン製造業協会ELMA

インド産大豆レシチンにピーナッツタンパク質が存在することについてのELMAの声明

ELMA Statement on the presence of peanut protein in soybean lecithin from India

May 2, 2022

https://www.elma-eu.org/elma-statement-on-the-presence-of-peanut-protein-in-soybean-lecithin-from-india/

RASFFで報告された、インドから輸入した大豆レシチンにピーナッツタンパク質が存在する問題についてELMAは承知し、大いに懸念している。ELMAの会員の行った分析によると、この問題はインド産大豆レシチンに限定される。ELMAはインド産大豆レシチン使用者にリスクアナリシスを行っアレルギーのある消費者にリスクの可能性についてコミュニケートする最善の方法を評価することを強く勧める。

 

-Natureエディトリアル

Nature雑誌は研究における性とジェンダーの報告の水準を上げる

Nature journals raise the bar on sex and gender reporting in research

18 May 2022

https://www.nature.com/articles/d41586-022-01218-9

著者らに研究デザインで性とジェンダーについてどう検討したかの詳細を要求するだろう

 

-パンデミックの真の健康コスト:COVIDは我々の人生をどれだけ盗んだか?

Natureニュース

The pandemic’s true health cost: how much of our lives has COVID stolen?

18 May 2022  Holly Else

https://www.nature.com/articles/d41586-022-01341-7

研究者らは傷害と死亡によって何年失われたかを計算しようとしている

DALYs推定の試みについて紹介

(この記事はCOVIDの負担についてのみ記述しているがDALYsは他のあらゆる負担について計算して比較するためのもの。COVID対策によって失われたものとも比較することで真価が発揮される。中国のやりかたの是非とか若年層に脳症をおこすインフルエンザを死亡者数だけでコロナと比べることでインフルを軽視していることとか)