2022-09-22

[EFSA]意見等

-石英砂の農薬リスク評価ピアレビュー

Peer review of the pesticide risk assessment of the active substance quartz sand

EFSA Journal 2022;20(9):7552  20 September 2022

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/7552

情報不足が確認された。

 

-イタリアの10~74歳の集団に関する全国食事調査– IV SCAI ADULT

Italian national dietary survey on adult population from 10 up to 74 years old – IV SCAI ADULT

EFSA Journal 2022;19(9):EN-7559  20 September 2022

https://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/en-7559

(外部科学報告書)

イタリアの全国食品摂取調査は、国の全領域と4つの主な地理的地域(北西、北東、中央、南及び諸島)を代表して、青年(10‐17歳)、成人(18‐64 歳)、高齢者(65‐74歳)を対象として実施された。EFSAの「EUメニュー方法論に関するガイダンス」に基づいた、食事評価方法(24時間食事思い出し法)、サンプルの選択、食事ソフトウエア(FoodSoft 1.0)、食品の記述、食品分類(FoodEx2 システム)、データ転送で実施され、1,203人がこの調査に参加した。

 

-コーデックス第53回残留農薬部会におけるEUの見解を作成するための科学的支援

Scientific support for preparing an EU position in the 53rd session of the codex committee on pesticide residues (CCPR)

EFSA Journal 2022;20(9):7521  19 September 2022

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/7521

(科学報告書)

EFSAは、コーデックス第53回残留農薬部会(CCPR)へのEUの見解を作成する支援をするよう欧州委員会から依頼を受けた。

2021年にJMPRは、毒物学的特性および/またはコーデックス最大残留基準値の設定に関して38物質を評価した(アセタミプリド、ビキサフェン、クロフェンテジン、クロチアニジン、シプロジニル、ジフェノコナゾール、エチオン、エチプロール、フェンブコナゾール、フェンヘキサミド、 フェンピコキサミド、フェンピロキシメート、フィプロニル、フルオピラム、フルチアニル、イマザリル、イソプロチオラン、イソキサフルトール、 マンジプロパミド、 メフェントリフルコナゾール、メタラキシル、メタラキシル‐M、メトプレン、メトキシフェノジド、 ペンジメタリン、 プロチオコナゾール、ピジフルメトフェン、ピラスルホトール、 ピラジフルミド、キノキシフェン、スピネトラム、 スピロピジオン、 スルホキサフロル、テブコナゾール、テトラニリプロール、チアメトキサム、トリフロキシストロビン、トリネキサパック)。EFSAはコーデックスMRL提案に関するコメントや提案した毒性学的参照値を作成した。さらに、EFSAは以前のCCPR会合で毒性や残留評価に関する特定の懸念が生じた農薬(アフィドピロペン、フルエンスルホン、 メトコナゾール、プロピコナゾール)に関するJMPRのフォローアップ評価について更なる考慮事項を提出した。今回の報告書はCCPR会合のEUの見解を導出する基礎としての役割を果たすことになる。

 

-ローズヒップ、チャ、ケイパーにおけるニコチンの暫定最大残留基準値の短期(急性)食事リスク評価に関する声明

Statement on the short‐term (acute) dietary risk assessment for the temporary maximum residue levels for nicotine in rose hips, teas and capers

EFSA Journal 2022;20(9):7566  19 September 2022

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/7566

(声明)

規則(EC) No 396/2005第43条に従って、欧州委員会は、現在農薬リスク評価に使用されているリスク評価モデル(EFSA PRIMo rev. 3.1)を基にして、ローズヒップ、チャ(Camellia sinensis)、ケイパーのニコチンの既存の暫定最大残留基準値(MRLs)が欧州の消費者を十分に保護しているかどうか評価するようEFSAに求めた。その評価の中で、EFSAはローズヒップとチャを通したニコチンの摂取による潜在的な急性暴露リスクを指摘し;これらの2つの商品の既存のMRLsを、ARfDを超過しないレベルまで下げるよう助言した。ケイパーには、EFSAは既存のMRLは急性摂取の懸念につながりそうもないと結論した。評価中のこの3つの食品のリスク評価は、追加の非標準的不確実性に影響されている。

(注:ニコチンは農薬として使われているわけではないが、継続して検出されていて汚染源は不明)

 

-新規食品としての鉄ミルクタンパク質化合物の安全性と、これに由来する鉄の生物学的利用能

Safety of iron milk proteinate as a novel food pursuant to Regulation (EU) 2015/2283 and bioavailability of iron from this source in the context of Directive 2002/46/EC

EFSA Journal 2022;20(9):7549  16 September 2022

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/7549

(科学的意見)

欧州委員会の要請を受けて、栄養・新規食品及び食物アレルゲンに関するEFSAのパネル(NDA)は、規則(EU) 2015/2283に従って、新規食品(NF)としての鉄ミルクタンパク質化合物についての科学的意見書を公表し、指令2002/46/ECに照らしてこの供給源に由来する鉄の生物学的利用能に対処するよう求められた。このNFは、鉄塩(すなわち塩化第二鉄や硫酸第二鉄)、カゼインナトリウム、リン酸水素二カリウムから生産される鉄、カゼイン、リン酸塩の合成物である。申請者はこのNFを、このNFを2–4%含む鉄の供給源として使用することを提案している。申請者は、フードサプリメント、体重管理用総合代替食品、特別医療目的用食品など、このNFを多くの食品分類中の成分として市販することを意図している。パネルは、このNFの組成や提案された使用条件を考慮して、このNFの摂取は栄養的に不利益ではないと考えている。ADMEと生物学的利用能のために提出された研究から、このNFに由来する鉄は生物学的に利用可能であることが示されている。概して、この根拠から、このNFは、摂取すると、ヒトの食事の通常成分である鉄結合カゼインホスホペプチドを生産するために小さなペプチドに消化され、このNFに由来する鉄は栄養素として鉄の恒常性を維持する調節を回避しないことが示された。パネルは、このNF、鉄ミルクタンパク質化合物は、提案された使用条件で安全だと結論している。パネルはまた、このNFは鉄が生物学的に利用できる供給源であると結論している。

 

-活性炭を用いた物理的プロセスによる魚油と植物性油脂からのダイオキシンとダイオキシン様PCBsの汚染除去工程

Decontamination process for dioxins and dioxin‐like PCBs from fish oil and vegetable oils and fats by a physical process with activated carbon

EFSA Journal 2022;20(9):7524  15 September 2022

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/7524

(科学的意見)

欧州委員会からの要請を受けて、フードチェーンの汚染物質に関するEFSAのパネル(CONTAM)は、活性炭への吸着によるダイオキシン類(ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン 及び ポリ塩化ジベンゾフラン、まとめてPCDD/Fsと略す)及びダイオキシン様ポリ塩化ビフェニル(DL‐PCBs)の濃度を下げる魚油と植物油脂の汚染除去工程を評価した。全ての飼料の除染工程は委員会規則(EU) 2015/786に規定されている許容基準に従わなければならない。飼料の食品事業者(FBO)が提出したデータは、その工程の有効性を評価し、その工程がその製品の特徴や特性に有害影響を及ぼさないことを証明するためのものである。提出された限定的な情報、特に汚染除去前後のサンプルの分析では、CONTAMパネルは提案された汚染除去工程が魚油や植物油脂中のPCDD/FsやDL‐PCBsを減らすのに有効かどうか結論できなかった。提出されたデータから、除染工程が魚油や植物油の栄養成分に有害な変化をもたらすという根拠はなかったが、この工程が有益な成分(ビタミン類など)を激減させる可能性はある。まとめると、FBOが提案した汚染除去工程から、CONTAMパネルは、2015年5月19日の委員会規則(EU) 2015/786で示された許容可能な基準に準拠するとは結論できなかった。

 

-EFSAの専門家会議からのニュース速報:フードチェーンの汚染物質(CONTAM)

Breaking news from EFSA’s expert meetings: Contaminants in the food chain (CONTAM)

2022/09/16

https://www.youtube.com/watch?v=VXvWbbIrEq8

YouTube動画

 

[ANSES]キノコ狩りの季節開始:慎重に!

Wild mushroom season has begun : be vigilant !

14/09/2022

https://www.anses.fr/en/wild-mushroom-season-2022

秋の訪れがキノコ狩りの季節の開始を知らせている。野生のキノコは人気のあるごちそうだが、種類によっては有毒なものや致命的なものもある。2021年には有毒種を食用種と間違えて4人が亡くなった。キノコ通でもたまに採取に行く人でも、確実に安全に摂取するために、気を緩めず最善の方法に従う必要がある。

猛暑や日照りが発生したため、2022年の7月と8月に起こった中毒事例はかなり少なかったが、ここ数日の天候状況は野生のキノコの成長を促した。実際、9月上旬から中毒管理センターに報告される中毒事例数は増加している:9月1日以降すでに60件以上の事例が報告されている。

これらの中毒事例は様々な原因による:有毒種と食用種との混同、時には採取した野生のキノコについて間違った情報を提供している野生のキノコ識別用スマートフォンアプリの使用によるもの、悪い保存状態あるいは加熱不十分の食用キノコの摂取など。

2021年7月1日~12月31日の間に、フランスの中毒管理センターに1269件の中毒事例が報告された。原因となるキノコの大半は野生で採取されたものだった(事例の94%)。他の事例は市販で購入したものだった。

観察された症状は主に消化器系だった:腹痛、吐き気、嘔吐、下痢。事例の多くは軽症だったが、41件は深刻な事例で、4件の死亡事例が含まれている。

15人の幼い子供が中毒になった;そのうちの1人は肝臓移植を受けなければならなかった。採取したキノコは決して幼い子供に与えないよう注意することが重要である。

 

[FSA]FSAは研究対象分野を更新する

FSA updates areas of research interest

20 September 2022

https://www.food.gov.uk/news-alerts/news/fsa-updates-areas-of-research-interest

英国食品基準庁 (FSA) は、研究対象分野 (ARI) を更新し、新たに4分野追加し、より健康的で持続可能な食品に焦点を当てる。

 

[FDA]プレスリリース

-FDAは米国乳児用調製乳供給に関する当局の措置の内部レビューを終了する

FDA Concludes Internal Review of Agency Actions Related to the U.S. Infant Formula Supply

09/20/2022

https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/fda-concludes-internal-review-agency-actions-related-us-infant-formula-supply

 米国食品医薬品局(FDA)は、乳児のクロノバクター病に関する複数の報告、Abbott社の乳児用調製乳製造工場及び乳児用調製乳の不足につながった混乱に関連するFDAの措置についての報告書を発表する。以下、報告書。

https://www.fda.gov/media/161689/download

 

-FDAは米国乳児用調製乳の供給強化を約束する;レビューにより継続的な取り組みを支援するロードマップが作成される

FDA Committed to Strengthening U.S. Infant Formula Supply; Review Provides Roadmap to Support Ongoing Efforts

09/20/2022

https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/fda-committed-strengthening-us-infant-formula-supply-review-provides-roadmap-support-ongoing-efforts

 米国乳児用調製乳の問題に関する報告書が発表され、Robert M. Califf長官が供給強化に対する取り組みについての声明を発表する。

 

-FDAは両親や保育者にMother’s Touch Formulaを購入したり乳児に与えたりしないよう助言する

FDA Advises Parents and Caregivers Not To Buy Or Give Mother’s Touch Formula To Infants

September 21, 2022

https://www.fda.gov/food/alerts-advisories-safety-information/fda-advises-parents-and-caregivers-not-buy-or-give-mothers-touch-formula-infants

 情報更新。2022年9月16日、Mother's TouchはMother's Touch Baby FormulaがFDAの乳児用粉ミルクの規格に適合していないため、自主的リコールを開始した。製品写真有り。

 

-消費者向け情報 諮問委員会はFDAに重要な助言を、市民に声を与える

Advisory Committees Give FDA Critical Advice and the Public a Voice

09/21/2022

https://www.fda.gov/consumers/consumer-updates/advisory-committees-give-fda-critical-advice-and-public-voice

 FDAの、専門性、透明性、そして外部からの視点を持ち、科学的、医学的な助言を提供する委員会について紹介する。

 

[TGA]JS Health Vitamins Pty Ltdに違法な広告をしたとして26,640ドルの罰金を科す

JS Health Vitamins Pty Ltd fined $26,640 for alleged unlawful advertising

21 September 2022

https://www.tga.gov.au/news/media-releases/jshealth-vitamins-pty-ltd-fined-26640-alleged-unlawful-advertising

 オーストラリアTGAは補完医薬品の広告において、がんやアルツハイマー病などの深刻な健康状態を治療又は予防することができるという制限及び禁止された表現を違法に使用したとして、2つの侵害通知を合計26,640ドル発行した。

 

[NSW]リコール

- Ballistic Beer Co. beers

21 Sep 2022

https://www.foodauthority.nsw.gov.au/news/recalls/ballistic-beer-co-beers

Ballistic Beer Co. はオーストラリア産Hawaiian Haze Pale Ale 375mL、Hawaiian Haze IPA 375mL及びReef Pale Ale 375mLが二次発酵の可能性があるため、リコール。

 

[MFDS]日本産輸入食品の放射能検査の結果

輸入検査管理課

2022.9.2〜2022.9.15

https://www.mfds.go.kr/brd/m_100/view.do?seq=43279

 

[MFDS] [報道参考] 残留農薬基準が超過検出された「カボチャの種」の回収措置

輸入流通安全課 2022-09-20

https://www.mfds.go.kr/brd/m_99/view.do?seq=46685

□ 食品医薬品安全処は市販されている中国産「カボチャの種(乾燥)」からピラクロストロビンが基準値(0.01 mg/kg)超過検出(0.02 mg/kg、0.03 mg/kg)されたため、該当製品を販売中止して回収措置する。

 

[MFDS] [報道参考] 「流通(賞味)期限から消費期限へ?どのように変わるの?」

食品表示広告政策課 2022-09-16

https://www.mfds.go.kr/brd/m_99/view.do?seq=46677

□ 食品医薬品安全処は食品業者と自治体の食品衛生担当者を対象に消費期限表示制導入*にともなう準備事項などを案内するため、9月21日から10月19日まで「消費期限表示制全国巡回説明会」を開催する。

* 食品等の日付表示に「流通期限」ではなく「消費期限」を表示することに、「食品等の表示・広告に関する法律」改正(「’21.8.17改正、」’23.1.1施行、ただし牛乳類(冷蔵保管製品)については「’31.1.1施行」)

○ 今回の説明会は2023年1月1日から施行される消費期限表示制の営業者と自治体担当者の理解度を高め、制度がより円滑に施行されるよう支援するために用意された。

□ 主な内容は、▲消費期限表示制の概要と表示方法、▲消費期限の設定方法、▲制度導入にともなう産業界への支援内容*の案内など。

 

(参考[KWレポート] 賞味期限から消費期限へ )

 

[MFDS] [報道参考] 鉛の基準が超過検出された「液状茶」の回収措置

食品管理総括課科 2022-09-08

https://www.mfds.go.kr/brd/m_99/view.do?seq=46672

□ 食品医薬品安全処は、食品製造・加工業者が製造・販売した「9月のゴミシ(食品類型:液状茶)」から、鉛が基準値(0.3 mg/kg)より超過検出(2.2 mg/kg)されたため、該当製品を販売中止して回収措置する。

 

[MFDS]食薬処、「コンビニ健康食コーナー」モデル事業実施

食生活栄養安全政策課 2022-09-07

https://www.mfds.go.kr/brd/m_99/view.do?seq=46667

□ 食品医薬品安全処は子供の正しい食習慣形成に役立つ食品*をコンビニで区分・表示して販売する「健康食コーナー」のモデル事業を9月7日から12月31日まで実施する。

* 市販品よりナトリウム含有量を減らしたり、糖類を添加していない食品など

○ 今回のモデル事業は子供の肥満率*が持続的に増加することにより「子供が健康的で栄養価の高い食品を簡単に確認して選択できるようにしよう」というコンビニ業界と食薬処間の共感が形成されている。

* 子供の肥満率(6~18歳、%):(’13)10.0→(’18)12.3→(’20)15.9

○ 陳列・販売対象は、品質認証食品、流通製品よりナトリウム含有量が低いのり巻き・弁当や糖類を添加していない飲料類、果物・サラダなど、子供の健康を守り正しい食習慣形成に役立つ食品である。

陳列・販売品目

・品質認定食品:果菜ジュース、混合飲料の食薬処認定製品

・ナトリウム低減製品:弁当、のり巻きなど

・果物・野菜・ナッツ類:フルーツ(砂糖漬けを除く)、サラダ等

・単純原料製品:牛乳、ミネラルウォーター、子供用茶類など

□ 「健康食コーナー」は学校周辺など子供たちが頻繁に訪れる*コンビニ104店舗が参加して運営され、参加店舗入口に運営店舗を知らせるマークを付け、食薬処ホームページ、ネイバー地図などで店舗位置を確認できる。

* 青少年(中1~高3)がコンビニなどで販売する食品で週1回以上食事の代わりをする頻度:69.1%(2019年第15回青少年健康行動調査)

 

[MFDS]消費者の健康への関心を反映して、来年から酒類のカロリー表示を拡大

食品表示広告政策課 2022-09-07

https://www.mfds.go.kr/brd/m_99/view.do?seq=46666

□ 食品医薬品安全処と公正取引委員会は韓国消費者団体協議会、6個の酒類協会*と酒類製品のカロリー表示対象を拡大するために9月7日に業務協約を締結した。

* 韓国酒類産業協会、韓国酒類輸入協会、大韓濁酒製造組織中央会、韓国マッコリ協会、韓国手作りビール協会、韓国酒類安全協会

○ 今回の協約は健康に対する消費者の関心が増加*することにより、これまで一部製品にのみ業者が自律的に表示してきた酒類のカロリー表示をより多くの製品に拡大し、消費者が必要とする情報をより積極的に提供するために締結された。

* 20歳以上500人中71%が表示必要と答えた(韓国消費者院、’21.10月)

- 酒類製品のカロリー情報表示は来年から製品の内容量表示の横に「内容量に相当するカロリー(例:酒類330 ml(000 kcal)」と記載し、消費者が簡単に確認できるようにする予定である。

□ 主な内容は、▲酒類製品のカロリー表示に対する詳細な実施計画の策定、▲カロリー表示の実施状況確認、▲消費者へカロリー表示に対する広報など。

 

[MFDS]秋夕名節用食品の一斉点検の結果、違反業者67箇所を摘発・措置

食品管理総括課 2022-09-07

https://www.mfds.go.kr/brd/m_99/view.do?seq=46665

□ 食品医薬品安全処は秋夕名節用食品の先制的な安全管理のために製造・販売する業者計6797箇所を8月17日から26日まで一斉点検した結果、「食品衛生法」、「健康機能食品に関する法律」、「畜産物衛生管理法」に違反した67箇所を摘発し管轄官庁に行政処分を要請した。

○ 今回の合同点検は17個の地方自治体とともに秋夕名節用食品の製造・輸入・流通・販売業者を対象に実施した。

- さらに名節プレゼント用・祭事用食品などに対する収去検査(国内流通)と通関段階精密検査(輸入食品)も実施した。

□ (合同点検の結果)主な違反内容は、▲健康診断未実施(22箇所)、▲衛生的取扱基準違反(8箇所)、▲衛生帽未着用(7箇所)、▲流通期限経過製品陳列(6箇所)、▲流通期限未表示・超過表示(3箇所)、▲作業場の不衛生的な管理(3箇所)、▲自己衛生管理基準未運用(2箇所)、▲流通期限経過原材料を製造に使用(1箇所)、▲品質検査未実施などその他違反(15箇所)などである。

○(収去検査の結果)国内流通中の、▲点検対象業者生産製品(韓菓、餅類、酒類など)、▲煮込み・揚げ物など調理食品、▲農・畜・水産物など計2825件を回収し、残留農薬、食中毒菌など項目を集中検査した。

- 現在までに検査が完了した1700件中8件は基準・規格不適合判定**となり、所轄官庁で廃棄処分などの措置がとられる予定である。

** 不適合項目:食中毒菌(2)、残留農薬(1)、金属異物(1)、大腸菌群(1)、細菌数(1)、リノレン酸(2)

○(通関段階精密検査の結果)、▲果菜加工品(ゆでわらびなど)など加工食品、▲キクラゲ・牛肉・キグチなど農・畜・水産物、▲プロバイオティクスなど健康機能食品の合計319件を対象に、項目*に対する精密検査を実施した結果、

* 農産物の残留農薬・重金属、水産物の重金属・残留動物用医薬品項目等

- 6件は不適合判定*となり、輸出国への返送または廃棄など措置する計画である。

* 不適合項目:残留農薬(3)、重金属(2)、残留動物用医薬品(1)

<添付>

1.違反業者現況

2.各部門の担当者、連絡先

 

[MFDS]食品表示情報、QRコードで確認して下さい!

食品表示広告政策課 2022-09-05

https://www.mfds.go.kr/brd/m_99/view.do?seq=46659

□ 食品医薬品安全処は製品パッケージに記載する食品表示事項のうち、消費者の安全と製品選択に不可欠な表示事項*の判読性を高め、残りの表示事項をスマートラベル(QRコード)でも提供できる規制実証特例試験事業**を運営する。

* 製品名、内容量(熱量)、店舗名、消費期限(流通期限)、保管方法、注意事項、ナトリウム含有量の比較

** 事業名:スマートラベル(QRコード)を活用した食品表示の簡素化

○ 今回の事業は6業者が申請し、9月5日に開催された規制特例審議委員会(産業通商資源部主管)で審議・議決されたことにより、今後2年間規制特例の適用を受ける。

□ 今回の事業では消費者の判読性向上のために製品パッケージに必ず表示する必要がある製品名を含む7項目の表示情報を設定し、文字サイズ(10→12ポイント)と文字幅(50→90%)を拡張し、製品に大きく表示するようにした。

○ 7項目は消費者が安全性と製品選択のために確認する情報で、昨年3月から消費者団体、業界などと十分な議論を経て用意された。

○ また、消費者に多様な情報を提供するために事業者が表示しなければならない残りの情報*はQRコードで提供し、その他に消費者関心情報や食品安全情報**が提供される。

* 原材料名、栄養成分、事業所所在地、品目報告番号等

** ライフサイクル別栄養情報、調理・解凍方法、不適合情報、トレーサビリティ管理情報など

□ 食薬処は今回の事業運営過程で規制特例の適用にともなう効果性を慎重に検討し、運営上の不備を補完し、消費者と食品業界双方に利益をもたらす合理的な制度を策定する。

<添付> 規制実証特例試験事業対象

 

[ASA]ASA裁定

-ASA Ruling on Eden Mill Distillery t/a Ramsay's Gin

21 September 2022

https://www.asa.org.uk/rulings/eden-mill-distillery-a22-1158772-eden-mill-distillery.html

インスタグラムとフェイスブックでジンの微量栄養素や抗酸化物質が豊富と宣伝。アルコール飲料では栄養強調表示は認められていない。

 

-ASA Ruling on Ian Macleod Distillers Ltd

21 September 2022

https://www.asa.org.uk/rulings/ian-macleod-distillers-ltd-a22-1158770-ian-macleod-dis

tillers-ltd.html

ウイスキーの会社のインスタグラムへの投稿。車のメンテをしている人に飲酒を薦める無責任な内容が違反

 

-ASA Ruling on Meikles of Scotland Ltd t/a Stag's Breath Liqueur

21 September 2022

https://www.asa.org.uk/rulings/meikles-of-scotland-ltd-a22-1158773-meikles-of-scotland-ltd.html

フェイスブックでの、アルコールが困難な問題の解決法になると示唆する宣伝が違反

 

-ASA Ruling on Pernod Ricard UK Ltd

21 September 2022

https://www.asa.org.uk/rulings/pernod-ricard-uk-ltd-a22-1158771-pernod-ricard-uk-ltd.html

インスタグラムでの、ウイスキーが25才以下に向けて宣伝され身体的精神的能力を強化することを示唆するのは基準違反

 

[FAO]世界食料安全保障と栄養の危機について、FAO, IMF, WBG, WFP, および WTOの長による二回目の共同声明

Second Joint Statement by the Heads of FAO, IMF, WBG, WFP, and WTO on the Global Food Security and Nutrition Crisis

21/09/2022

https://www.fao.org/newsroom/detail/second-joint-statement-by-the-heads-of-fao-imf-wbg-wfp-and-wto-on-the-global-food-security-and-nutrition-crisis/en

世界食料安全保障危機に対応するために緊急の行動呼びかけ

 

-19の「飢餓ホットスポット」で食料危機が迫りアフリカの角では飢餓が近づく

Food crisis tightens its grip on 19 ‘hunger hotspots’ as famine looms in the Horn of Africa – new report

21/09/2022

https://www.fao.org/newsroom/detail/food-crisis-tightens-its-grip-on-19-hunger-hotspots-as-famine-looms-in-the-horn-of-africa-new-report/en

FAO-WFP合同報告書発表

 

[ヘルスカナダ]カナダ政府は大麻規制見直しの次の段階を発表

Government of Canada to announce next steps on review of cannabis legislation

September 21, 2022,

https://www.canada.ca/en/health-canada/news/2022/09/government-of-canada-to-announce-next-steps-on-review-of-cannabis-legislation.html

9月22日の記者会見の予告

 

論文

-イングランドのがん発生率の社会経済的不平等のほとんどはタバコが原因

Smoking to blame for most of England’s socioeconomic disparity in cancer incidence

21-SEP-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/964701

PLOS ONEに発表されたイングランドの2013年から2017年のがんの発生率に関する研究

 

-食品安全神話の健康への帰結:英国、ノルウェー、ドイツでの報告されている腸炎の発生率と有病率の研究

Food safety myths consequences for health: A study of reported gastroenteritis incidence and prevalence in UK, Norway and Germany

NinaVeflen, PaulaTeixeira

Food Control Volume 142, December 2022, 109210

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0956713522004030

食品安全神話を信じることと腸炎の発生率と有病率が関連する。関連が大きいのは卵、細菌の不活性化、菜食、土食に関する信仰。

卵に関する神話は、卵は室温で保存、二日酔いには生卵を食べると良い、のようなもの

細菌に関する神話は、木製のまな板、トウガラシ、わさび、マリネで菌が殺せる

他はベジタリアンは食中毒にならない、土を食べて下痢するとお腹がきれいになる

 

-より良い赤ちゃんを約束する、議論の多い胚検査

Natureニュース特集

The controversial embryo tests that promise a better baby

21 September 2022 Max Kozlov

https://www.nature.com/articles/d41586-022-02961-9

一部の会社が統合失調症や心疾患のような複雑な病気になるリスクをもとに胚をランク付けする検査を提供している。それは正確なのか-倫理的なのか?

人工授精で作った胚の遺伝子検査を提供する米国の企業Genomic Predictionの話から。移植前の染色体異常検査等は既に行われている

 

その他

-肥満受容は'The Bachelor'に新たな居所を見つけたか?

Will Fat Acceptance Find A New Home On 'The Bachelor'?

By Cameron English — September 21, 2022

https://www.acsh.org/news/2022/09/21/will-fat-acceptance-find-new-home-bachelor-16561

肥満受容提唱者はテレビの幹部に圧力をかけて人気のリアリティー番組を社会正義主張の場に変えようとしている。科学無視の皮肉のこれ以上はない例である

肥満受容運動は、肥満を病気ではなく(差別の)被害者状態であるとすることを目指す。ABCネットワークの人気番組The Bachelorの出演者に「身体の多様性」を求める活動をしている。少なくとも5人の多様な太った人を出演させ、画面に映る時間を太っていない人と同程度に割り当て、衣装などもサイズに適応したものを提供するなど「肥満のインクルージョンと肥満の解放」を要求する。

これがもし「喫煙者」だったらあり得ないだろう。差別は正当化できないが肥満が健康的だとは言えない。

 

-EWG

フルーツレザー(果物を乾燥させて平らにしたもの):ときどき農薬と砂糖の多いおやつ

Fruit leather: A snack sometimes chock full of pesticides and sugar

SEPTEMBER 15, 2022

By Sydney Evans (EWG) Ketura Persellin (EWG)

https://www.ewg.org/research/fruit-leather-snack-sometimes-chock-full-pesticides-and-sugar

子どものおやつに人気のフルーツレザーに残留農薬が!という記事

だからオーガニックでフレッシュ(乾燥させていない)果物を買うべきだ、と主張

農薬の数字は全てppbで表示(普通はppmなので数字を大きく見せたいのだろう)、当然皮を含むもののほうが多い傾向(チェリーやレーズンのほうがマンゴーより濃度が高い)

果物だからヘルシー!と宣伝されているらしい。

 

2022-09-21

[EU]RASFF 2022(0911-0917)

警報通知(Alert Notifications)

ポーランド産有機全粒ライ麦パスタのオクラトキシンA、エチオピア産バジルのジチオカルバメート、タイ産乾燥及び粉末チリのクロルピリホス・トリアゾホス及びエチオン、中国産オランダ経由保存瓶からのノニルフェノールの溶出、少なめのシロップ入りマンダリンオレンジのスズ高含有、インドネシア産RBDパーム油のグリシドール、トルコ産イチゴ味コーティングマシュマロビスケットの3-MCPD及びグリシジルエステル類、アラブ首長国連邦産塩水入りブドウの葉のカルベンダジム、チリ産調理済みイガイのカドミウム、イスラエル産ローズマリーのビフェントリン・ブロモプロピレート・クロルフェナピル・クロルピリホス・クロロタロニル及びトリアジメノール、ケニア産アボカドのクロルピリホス、

注意喚起情報(information for attention)

トルコ産アプリコットカーネルのアフラトキシン、アルバニア産アンチョビフィレのヒスタミン、ペルー産グリーンアスパラガスのカドミウム、ベトナム産切り取り式高密度ポリエチレンブロックシートからの揮発性有機化合物の溶出、ベラルーシ産お菓子のトランス脂肪酸高含有、トルコ産メラミン製カップのホルムアルデヒドの溶出、スペイン産チルドマグロフィレのヒスタミン、ベトナム産エビの串焼きの未承認物質シプロフロキサシン、

通関拒否通知(Border Rejections)

インド産モリンガのアセフェート及びメタミドホス、米国産ピーナッツのアフラトキシンB1(複数あり)、中国産未承認新規食品(サトウキビ蝋)、英国産補助食品の未承認添加物(E171)、トルコ産生鮮ペッパーのアセタミプリド、中国産茶の未承認物質トルフェンピラド及びジノテフラン、北マケドニア共和国産生鮮プラムのクロルピリホス、台湾産紅茶のジノテフラン及びトルフェンピラド、ナイジェリア産ピーナッツのアフラトキシン、アルゼンチン産ピーナッツのアフラトキシン、中国産ポリアミド製台所用品セットの一級芳香族アミンの溶出、パキスタン産チャプリ・ケバブハーブ/スパイスミックスのアフラトキシン、ロシア産レンズ豆のイマゼタピル、英国産ラディッシュソースの添加物二酸化チタン(E171)、米国産アーモンドのアフラトキシン、フィリピン産ココナッツオイルのPAHs、

 

[EU]欧州健康共同体:がん検出の新しいEUアプローチ-より多くより良い検診

European Health Union: A new EU approach on cancer detection – screening more and screening better

20 September 2022

https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_22_5562

本日、欧州対がん計画のもと、加盟国のがん検診受診増加を支援するために欧州委員会は新しいアプローチを提示した。提案された助言はがんの早期発見のためにより多くの標的集団とより多くのがんをカバーし検診数を増やす。

現在の助言は20年経ったため更新が必要である。乳がん、大腸がん、子宮頸がんの検診を2025年までに対象者の90%に提供することと、検診対象を前立腺がん、肺がん、胃がんに拡大する。より標的を絞った、侵襲性の少ないものにするため、助言では:

・乳がん検診の対象者を現在の50-69才を45-74才の女性に拡大

・HPV検査の推奨対象を、HPVワクチン接種状況を考慮した上で30-65才の女性を5年ごと、にする

・大腸がんのトリアージ検査は便免疫化学検査(潜血ではなく)で50-74才を対象にしフォローアップは大腸内視鏡

さらに

・肺がん検査は50-75才の現在ヘビースモーカー及びもと喫煙者に

・前立腺がん検査は70才までの男性にPSAとMRIで。

・胃がんの有病率と死亡率が高いところではピロリ菌と胃の前がん病変のサーベイランス

 

Questions and answers: A new EU approach to cancer screening

20 September 2022

https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/qanda_22_5584

・肺がん検診の対象になる喫煙歴は30パック年(一日20本のタバコを30年吸うことに相当)

・これ以外のがんについては集団ベースの検診を支持する根拠は無い。複数のがんを一度に調べる血液検査を含む新たな技術はまだルーチン検査には使えない、ただし研究は早くEUは根拠があれば新たな方法の導入に備える必要がある。

 

(なおアメリカのがんムーンショットについての最近のニュースは

ファクトシート:Biden大統領はケネディ大統領の月探査ロケット打ち上げ計画スピーチの60周年に、がんムーンショットの進捗の詳細と新たなイニシアチブについて語る

FACT SHEET: President Biden Details Cancer Moonshot Progress and New Initiatives on 60th Anniversary of President Kennedy’s Moonshot Address

SEPTEMBER 12, 2022

https://www.whitehouse.gov/briefing-room/statements-releases/2022/09/12/fact-sheet-president-biden-details-cancer-moonshot-progress-and-new-initiatives-on-60th-anniversary-of-president-kennedys-moonshot-address/

オバマ政権の副大統領だった時にがんを終わらせると言って始めたがんムーンショット、大統領になったら目標が今後25年で50%削減と現実的になったのはスタッフの質が上がったからだろうか。でも革新的技術にいくら投資しても肥満対策が難題なので)

 

[FDA]乳児用調整乳対応のFDA評価

FDA Evaluation of Infant Formula Response

September 2022

https://www.fda.gov/media/161689/download

2022年5月22日、 Abbott社のSturgis工場での乳児用調整乳に関する調査に続き、Robert M. Califf FDA長官がSteven M. Solomon CVM部長(筆者)にこの状況の内部レビューを求めた。求められたのはこの乳児用調整乳の供給不足につながった状況の課題の同定とその知見に対応する助言である。

この報告書に記した知見と助言はFDAの職員や関係者に何十回ものインタビューをした結果である。

知見と助言

・FDAには現代的データシステムが必要である

時代遅れのシステムとシステム間の協調性の無さが迅速な関連情報の結びつけを困難にしている、いろいろな経路で入ってくるマル秘情報を含む苦情が適切に担当まで届けられない、検体の輸送が第三者輸送会社を介することで遅れFDAのラボが検体を分析する能力を迅速に拡大できない

・FDAは緊急対応能力を最適化する必要がある

緊急時の役割が明確でない、事故対応の訓練と経験が不足、COVID-19の発生で対面対応が遅れた、混乱を避けるための迅速な関係者関与メカニズムが必要

・FDAは食品人員を強化する必要がある

工場の調査は厳密に行ったものの、乳児用調整乳についての知識があまりなかった。FDAは食品供給の80%を対象にしているのに資金が十分でないために変わり拡大する業界に対応する人員を確保できていない。乳児用調整乳は乳児にとってたった一つの栄養源であるという性質は他の典型的な食品と比べて公衆衛生対応を難しくする。FDAは製品の汚染リスクと必須の製品が入手できなくなるリスクとを量る必要があった

・FDAの監視は業界のアカウンタビリティに集中する必要がある

企業の食品安全文化が十分でなかった。FDAや他の連邦機関はサプライチェーンの問題や必須の食品が不足することについて管理する権限も専門性もなかった

・FDAは関係者と科学的ギャップを埋め、より頑健な規制計画を構築するために協力する必要がある

クロノバクターは国に報告が必要な疾患ではなく、病気に関する知見の不十分さが対応の妨げになった、乳児用調整乳の法令はクロノバクターに関しては特になく、消費者の乳児用調整乳取り扱いに関する教育も不足していた

(一部のみ。FDAが粉ミルクがないと困る人がいることを理解していないというのは信じがたいけれど、WHO事務局長を出していた香港も同じ失敗をしているので母乳礼賛のせいだろうか?FDAの話だけれど日本の方にもっとあてはまるようなことがたくさん。とにかくリソース不足。問題がおこらないと解決しようとしないのだろう、公務員削減は生贄が必要なカルトのようだ。)

 

[WHO]専門家募集-WHO技術助言グループ-母乳代用品のデジタルマーケティング制限のための規制対策

Call for experts - WHO Technical Advisory Group – Regulatory Measures Aimed at Restricting the Digital Marketing of Breast-milk Substitutes

6 September 2022

https://www.who.int/news-room/articles-detail/call-for-experts-who-technical-advisory-group-regulatory-measures-aimed-at-restricting-the-digital-marketing-of-breast-milk-substitutes

2022年9月30日まで

 

論文

-フロリダ大学の研究者らが、柑橘類から新しい砂糖代用品を発見した、それは食品飲料業界を変える可能性がある

UF researchers find new sugar substitutes in citrus that could change food and beverage industry

20-SEP-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/965273

Journal of Agricultural and Food Chemistry

柑橘類から8つの甘味料あるいは甘味増強化合物を同定した。

そのうち一つは合成化合物としてしか知られていなかったoxime V

 

-米睡眠医学会は両親に対し、子どもにメラトニンを与える前に医師に相談するよう助言

American Academy of Sleep Medicine advises parents to seek medical advice before giving melatonin to children

20-SEP-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/965373

子どもや青少年のメラトニンの使用が増加し、CDCが小さい子どもの意図しないメラトニン摂取による中毒コントロールセンターへの相談が増加していると報告したことを受けて、米睡眠医学会は両親に対して子どもにメラトニンやその他サプリメントを与える前に医師に相談するよう薦める健康助言を発表した。

Health Advisory: Melatonin Use in Children and Adolescents

Adopted by the AASM Executive Committee on behalf of the Board of Directors: Sept. 9, 2022

https://aasm.org/advocacy/position-statements/melatonin-use-in-children-and-adolescents-health-advisory/

 

-Natureエディトリアル

ファストファッションはどうやってその膨大な環境影響を減らせるか

How fast fashion can cut its staggering environmental impact

16 September 2022

https://www.nature.com/articles/d41586-022-02914-2

テキスタイル業界は循環経済を取り入れるために研究者からの入力を緩急に必要とする

(繊維製品由来が海のマイクロプラスチックの20-35%を占める、との記述もある。普通に考えて、海を漂ってから貝や魚経由で口に入るより、今着ている服や寝具・家具由来のものを吸ったり飲み込んだりする方が多いだろうと思わない?)

 

その他

-食物アレルギーの人々により大きな安全と健康を保証する

Ensuring Greater Safety and Health for People Living with Food Allergies

By Ignacio Garamendi  September 19, 2022

https://www.food-safety.com/articles/7999-ensuring-greater-safety-and-health-for-people-living-with-food-allergies

食物アレルギーの安全性向上のために二つの鍵がある-より効果的食品表示とアレルギー反応の重症度と頻度を理解するためのリスク評価である。食品表示改善のためには、科学者はアレルゲンの量とアレルギー反応の関係を決め、主要食物アレルゲンの閾値を設定するリスク評価方法確立のために働いている。国境を越えた世界の主要食物アレルゲンの同定、優先順位決定、リストの標準化はアレルギーのある人がどこにいても守られるのに役立つだろう。

予防的アレルゲン表示(PAL、含むかもしれないといった表示)はほとんど何もわからず極端にひどいアレルギー反応への恐怖が大きかった時期に食物アレルゲンリスクを緩和するために開発された。このキャラクタリゼーションの欠如が複数のアレルギーのある人の食品選択肢をひどく制限した。食品生産者はPALをより正確で効果的で消費者にとって意味のあるものにすべきである

 

-EU農業大臣は農業部門を強化するために遺伝子技術の推進を繰り返す

EU agri ministers renew push on genetic techniques to bolster sector

By Natasha Foote | EURACTIV.com  2022年9月20日

https://www.euractiv.com/section/agriculture-food/news/eu-agri-ministers-renew-push-on-genetic-techniques-to-bolster-sector/

新しいゲノム技術は、ますます増加する干ばつや気候変動に直面して農業部門に必要だと主張

 

-農家と産業界は肥料関税停止を巡って分かれる

Farmers, industry diverge over fertiliser tariff suspensions

By Julia Dahm  2022年9月9日

https://www.euractiv.com/section/agriculture-food/news/farmers-industry-diverge-over-fertiliser-tariff-suspensions/

ロシアから欧州へのガスの流れの遮断は肥料輸入税に関する議論を再燃させたが、関税停止が全ての鉱物肥料を含めるかどうかで農家と産業界は分かれたまま

 

-農業コミッショナーは新しい全EU肥料戦略を支持

Agriculture Commissioner lends support for new EU-wide fertilisers strategy

2022年9月19日

https://www.euractiv.com/section/agriculture-food/news/agriculture-commissioner-supports-new-eu-wide-fertilisers-strategy/

域内生産力を上げてロシア依存を減らす必要がある

 

-SMC UK

お茶を飲むことと2型糖尿病リスク削減についての論文になっていない学会要旨への専門家の反応

expert reaction to an unpublished conference abstract on drinking tea and reduced risk of type 2 diabetes

SEPTEMBER 17, 2022

https://www.sciencemediacentre.org/expert-reaction-to-an-unpublished-conference-abstract-on-drinking-tea-and-reduced-risk-of-type-2-diabetes/

欧州糖尿病学会2022年 年次会合で発表された要旨がお茶を飲むことと2型糖尿病リスクについて調べた

Open大学応用統計学名誉教授Kevin McConway教授

この時期にはたくさんの学会が開催され、議論される研究知見は重要な可能性のあるものから疑わしいものまであるが学会発表の時点ではそれを区別することはできない。この新しい研究もそうである。

(以下長い解説略)

University College London医療統計学講師Baptiste Laurent博士

Glasgow大学代謝医学教授Naveed Sattar教授

MRC臨床試験ユニット臨床試験と方法論教授Matt Sydes教授

Oxford大学医療統計センターJonathan Cook博士

Aston大学医学部登録栄養士で上級教育助手Duane Mellor博士

Queen’s大学Belfast栄養と予防医学部長で世界食料安全保障学際研究所長 Aedin Cassidy教授

いずれも学会要旨、これまでの観察研究のメタ解析で介入試験はない等を指摘している

2022-09-20

[FSAI]安全でない濃度のデルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)の存在のため、未承認のNovel Funky CBDオイルのリコール

Recall of Batches of Unauthorised Novel Funky CBD Oils due to the Presence of Unsafe Levels of Delta‐9‐tetrahydrocannabinol (THC)

Friday, 16 September 2022

https://www.fsai.ie/news_centre/food_alerts/funky_cbd_oils.html

未承認のNovel Funky CBDオイル製品は、安全でないレベルのデルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれているため、リコール。製品写真あり。

 

[FDA]プレスリリース

-FDAのよりスマートなツール-遠隔規制評価が食品の安全性を確保する方法

FDA's Smarter Tools—How Remote Regulatory Assessments Help Ensure Food Safety

09/20/2022

https://www.food-safety.com/events/565-fda-s-smarter-tools-how-remote-regulatory-assessments-help-ensure-food-safety

 Food Safety Magazineのウェビナーシリーズ「Evolution of New Era」:米国食品医薬品局(FDA)の新時代のスマートな食品安全について、深く考察する。9/20/22 3:00 pm(現地時間)開始。要登録。

 

-ORAの特集ストーリー

ORA Featured Stories

09/14/2022

https://www.fda.gov/about-fda/regulatory-news-stories-and-features/ora-featured-stories

 FDA統制問題事務局 (Office of Regulatory Affairs(ORA))は、当局の規制の価値を説明する一般向け情報ページを立ち上げた。ORA の検査官による最近の進歩と公衆衛生に対するその影響を紹介する。今月の特集記事「豊洲市場における精査と安全」。

Scrutiny and Safety at Toyosu Market

https://www.fda.gov/about-fda/regulatory-news-stories-and-features/scrutiny-and-safety-toyosu-market

2019年10月の査察の様子。最大の関心はヒスタミンであり、実際にヒスタミンの管理に欠陥があることを指摘して修正させた等の記述あり

 

-2022年9月15日の健康製品の違法取引に関するFDA-OECDワークショップにおけるMark Abdoo副コミッショナーの発言

Remarks by Associate Commissioner Mark Abdoo at the FDA-OECD workshop on illicit trade in health products, September 15, 2022

SEPTEMBER 15, 2022

https://www.fda.gov/news-events/speeches-fda-officials/remarks-associate-commissioner-mark-abdoo-fda-oecd-workshop-illicit-trade-health-products-september

 FDAとOECD(経済協力開発機構)の健康製品(違法医薬品や詐欺的製品)の違法取引対策に関する会議での発言。FDAの違法取引に対する対応や取り組み、OECDをはじめとする国際的な協力について。

 

[FDA]消費者向け情報

-危険なレシピ:医薬品に関わるソーシャルメディアチャレンジ

A Recipe for Danger: Social Media Challenges Involving Medicines

09/15/2022

https://www.fda.gov/consumers/consumer-updates/recipe-danger-social-media-challenges-involving-medicines

 FDAは、処方薬以外の医薬品の誤使用を促すソーシャルメディアチャレンジの流行について、消費者に警告を発した。

最近の事例は市販の風邪薬NyQuil (アセトアミノフェン、デキストロメトルファン、ドキシラミンを含むシロップ)を使って鶏肉を料理する動画。

(“NyQuil™ chicken”あるいは“bedtime chicken”などと呼ばれる)

 

[NIH]ニュースレター 2022 年秋号

ODS Update – Fall 2022

September 19, 2022

https://content.govdelivery.com/accounts/USNIHODS/bulletins/32d5228

秋のセミナー、ホワイトハウス飢餓・栄養・健康会議、閲覧できるビデオやファクトシートに関る情報等について。

 

[HK]法令違反

-カニのサンプルで金属汚染が基準値を超える

Metallic contaminant exceeds legal limit in crab sample

Monday, September 19, 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/unsat_samples/20220919_9791.html

カニのサンプルから基準値2.00 ppmを超える4.18 ppmのカドミウムが検出された。

 

-食品安全センターはソウギョのサンプルにマラカイトグリーンを検出する

CFS finds malachite green in grass carp sample

Friday, September 16, 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/press/20220916_9782.html

CFSは、定期食品調査にてソウギョのサンプルに0.9 ppbのマラカイトグリーンを検出したと発表した。香港ではマラカイトグリーンを含む食品の販売は認められていない。

 

-金属異物混入の疑いのあるフランスから輸入したヤギのチーズを消費しないよう注意をよびかける

Not to consume a kind of goat cheese imported from France suspected to be contaminated with metallic foreign bodies

2022-9-17

https://www.cfs.gov.hk/english/whatsnew/whatsnew_fa/2022_489.html

食品安全センター (CFS) はフランス産ヤギのチーズが金属異物混入の可能性があるとしてブランドを追加し、注意をよびかける。

 

[HK]食品事故

- Pepsico Inc社が米国で発売した「スターバックス バニラ エスプレッソ トリプルショット」飲料の一部について、異物混入(特に金属片)の可能性があるとしてリコールを行ったことがメディアで報道された

Media reported a recall of certain Starbucks Vanilla Espresso Triple Shot beverages in the United States by Pepsico Inc because of possible contamination by foreign material, specifically metal fragments.

13 September 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20220913_4.pdf

 

- Abbott Nutrition社が、包装の欠陥により、米国内の一部のシミラックボトルの調製乳のリコールがメディアで報道された

Media reported a recall of certain Similac bottles of formula in the United States by Abbott Nutrition over a packaging defect.

13 September 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20220913_5.pdf

 

-Rappel Conso of France-Carrefour classic ブランドのフランスNOUNOURS GUIMAUVE(ギモーヴ)の1 kg箱の金属異物混入によるリコール通知

Rappel Conso of France issued a notice regarding a recall of Carrefour classic brand of NOUNOURS GUIMAUVE boite 1kg in France due to possible contamination of metallic foreign bodies.

14 September 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20220914_2.pdf

 

-Rappel Conso of France-フランスLES IRRESISTIBLES COEUR GUIMAUVE 197G NOUNOURS GUIMAUVE(ギモーヴ)の異物混入によるリコール通知

Rappel Conso of France – A notice regarding a recall of LES IRRESISTIBLES COEUR GUIMAUVE 197G in France due to possible presence of foreign matters.

19 September 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20220919_2.pdf

 

-Rappel Conso of France-フランスのカルフール及びEn Cuisineブランドのチーズの重金属異物混入によるリコール通知

Rappel Conso of France – A notice regarding a recall of Carrefour and En Cuisine brands of Bûche de Chèvre in France due to possible contamination of metallic foreign matters.

15 September 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20220915_1.pdf

 

-Rappel Conso of France-フランスカルフールのクラシックチーズの異物混入によるリコール通知

Rappel Conso of France – A notice regarding a recall of Carrefour Classic Bûche de chè vre in France due to possible presence of foreign matters.

19 September 2022

https://www.cfs.gov.hk/english/rc/subject/files/20220919_1.pdf

 

[WHO]世界保健総会

WHO at the high-level session of the 77th UN General Assembly (UNGA)

13 – 26 September 2022 New York

https://www.who.int/news-room/events/detail/2022/09/13/default-calendar/who-at-the-high-level-session-of-the-77th-un-general-assembly-(unga)

 

[DGCCRF]栄養と健康強調表示:規則は無視されがち

Allégations nutritionnelles et de santé : une réglementation encore trop souvent méconnue

19/09/2022

https://www.economie.gouv.fr/dgccrf/allegations-nutritionnelles-et-de-sante-une-reglementation-encore-trop-souvent-meconnue

フランス語

 

[CDC]フィールドからの報告:ニタゼン関連死-テネシー、2019-2021

Notes from the Field: Nitazene-Related Deaths — Tennessee, 2019–2021.

Roberts A, et al.,

MMWR 2022;71:1196–1197. DOI:

https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/71/wr/mm7137a5.htm

約60年前に鎮痛剤候補として作られ、これまで米国で使用が認可されたことはない薬物ニタゼンがいくつかの州での過剰使用死に関連している。実験室の結果からはある種のニタゼン類似体の強さはフェンタニルを遙かに凌ぐことが示唆されている。

TN SUDORSデータには2019-2021の間、52件のニタゼン関連薬物過剰使用死が同定された。2019はゼロ、2020が10、2021が42である。全て複数薬物が関与している。テネシーのニタゼン関与死はKnox郡が多いがそれは法医学センターがDEAの検査室に血液検体を送っているためで、通常の検査ではニタゼンは測定されない。従って他の郡の死亡は過小であろう。DEAは州や法医学センターに検体提出を促している。

 

[BfR]ルピナスのキノリジジンアルカロイドの乳牛の乳への移行の研究

Investigations on the Transfer of Quinolizidine Alkaloids from Lupinus angustifolius into the Milk of Dairy Cows

https://www.bfr.bund.de/en/investigations_on_the_transfer_of_quinolizidine_alkaloids_from_lupinus_angustifolius_into_the_milk_of_dairy_cows-307546.html

乳牛の蛋白源として使用されてきたルピナスに含まれるキノリジジンアルカロイド(QAs)が乳に移行しその毒性を評価したところ健康上の懸念となる可能性が示された。

Journal of Agricultural and Food Chemistry Article ASAP

DOI: 10.1021/acs.jafc.2c02517

 

[EU]ニュース 

-食品情報についてのエビデンス-健康的で持続可能な選択をするために消費者をエンパワーする

Evidence on food information – Empowering consumers to make healthy and sustainable choices

9 September 2022

https://joint-research-centre.ec.europa.eu/jrc-news/evidence-food-information-empowering-consumers-make-healthy-and-sustainable-choices-2022-09-09_en

欧州委員会の共同研究センター(JRC)が消費者への食品情報に関連する4つの学術研究の結果を発表した。

・包装表面への栄養表示

Front-of-pack nutrition labelling schemes: an update of the evidence

https://publications.jrc.ec.europa.eu/repository/handle/JRC130125

・アルコール飲料の表示に関する市場分析

Provision of ingredient, energy and full nutrition information on alcoholic beverages

https://publications.jrc.ec.europa.eu/repository/handle/JRC129446

・デジタル手段を含む、ラベル以外の食品情報

Literature review on means of food information provision other than packaging labels

https://publications.jrc.ec.europa.eu/repository/handle/JRC128410

・産地表示

Consumer understanding of origin labelling on food packaging and its impact on consumer product evaluation and choices: A systematic literature review.

https://publications.jrc.ec.europa.eu/repository/handle/JRC126893

 

-欧州委員会は生物農薬の認可を促進する新しい規則を採択

EU Commission adopts new rules to facilitate the approval of biological pesticides

31 August 2022

https://food.ec.europa.eu/news/eu-commission-adopts-new-rules-facilitate-approval-biological-pesticides-2022-08-31_en

(微生物のほうが化合物よりリスクが低いという根拠はあるのだろうか?勝手に増えることはない化合物より、増殖するゾンビウイルスのほうが怖くないか?)

 

論文

-COPD:終末期疾患から生涯にわたる肺の健康へ

COPD: from an end-stage disease to lifelong lung health

THE LANCET EDITORIAL| VOLUME 400, ISSUE 10356, P863, SEPTEMBER 17, 2022

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は長い間喫煙者が自ら招いた末期の進行性疾患で対症療法以外には治療法はほとんどないとみなされてきた。ここ数十年治療や予防の進歩がない。新たにLancetに発表された委員会報告書「COPDの根絶に向けて」がその再考の枠組みを提供する。それはCOPDを主要リスク要因-遺伝子、早期ライフイベント、肺感染、タバコの煙への暴露、大気汚染-によって5つのタイプに分類し、早期介入と予防の可能性に注目させる。

タバコの煙がいまだに重要なリスク要因であり、ニュージーランドは禁煙世代法の導入によってタバコを根絶する最初の国になることを目指す。

屋内及び戸外の空気の汚染はますます重要になるCOPDリスク要因で、屋内空気の汚染は低から中所得国の女性に不釣り合いに影響している

 

Towards the elimination of chronic obstructive pulmonary disease: a Lancet Commission

https://www.thelancet.com/commissions/COPD

 

-異なる年齢での体のサイズと6つのがんのリスク:メンデルランダム化と前向きコホート研究

Body Size at Different Ages and Risk of 6 Cancers: A Mendelian Randomization and Prospective Cohort Study

Daniela Mariosa et al., J Natl Cancer Inst. 2022 Sep 9;114(9):1296-1300

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35438160/

人生初期の体重と関連があったのは内膜がんと腎臓がん。成人期のBMIと共通の経路でリスクが上がると考えられる

 

-何故除草剤が効かなくなるのか?(動画)

Why isn’t weed killer working anymore? (video)

19-SEP-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/965077

ACS動画シリーズ

https://youtu.be/vsbYyUfLwh8

グリホサートを例に耐性の話

グリホサートがあまりにも有効だったために他の除草剤の研究にお金が使われなくなって開発が滞った。耐性が増えてきて再び開発研究に投資されるようになった。

(ところでこの記事

消費者が知らない除草の話〈農家が実践している除草法〉【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】 2022.09.10

https://agrifact.jp/nasuo21-weeding-methods-practiced-by-farmers/

いいんだけど一つ大きな問題があって、雑草を手で取るのは「タダ」とか「安上がり」とか言ってはダメです。確かにそれは往々にして「女子どもの仕事」とみなされて軽視されてきたけれど、正当な対価を払って下さい。テデトール=最も高価 という認識。)

 

-ウクライナでの戦争による作物の撹乱は世界の二酸化炭素排出と食料価格の増加につながる可能性がある

Crop disruption from war in Ukraine could increase global carbon emissions, food prices

19-SEP-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/965194

Nature Foodに発表された経済シミュレーション

 

-気候変動下の作物収量をより良く理解する

A better understanding of crop yields under climate change

19-SEP-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/965179

Nature Foodに発表された農業生産への水の影響についての研究

 

-世界的には、食生活は30年前よりそれほど健康的になっていない

Globally, diets are not much healthier today than they were thirty years ago

19-SEP-2022

https://www.eurekalert.org/news-releases/964931

Nature Foodに発表されたDariush Mozaffarianらによる食事スコアを使った研究

(野菜果物が多いと高スコアで砂糖と加工肉が多い食事を低スコアとするアメリカ人向けのスコアリングで世界中の食生活が点数評価できるという思想がそもそも傲慢だと思う。日本に関して言えば30年間でかなり悪化したことになっているけれどそう?引用論文は食生活がより「西洋化」したと言っているけれどそのせいで病気が増えたか?)

 

その他

-「私は深く懸念している」:Francis Collinsが科学への信頼、Covidコミュニケーションがどう失敗したか、現在熱中していること、について語る

‘I’m deeply concerned’: Francis Collins on trust in science, how Covid communications failed, and his current obsession

By Elizabeth Cooney Sept. 19, 2022

https://www.statnews.com/2022/09/19/francis-collins-trust-science-covid-communication-failures/

もとNIH所長で現在ホワイトハウスの科学アドバイザーであるFrancis Collinsが先週ジャーナリストグループに、がんムーンショットと新たにできる生命医学研究機関ARPA-Hについて語った。また同時にCovidワクチンを拒否する人々を見る時の痛みについても明らかにした。

Kaiser Family財団はこれまでデマ、つまりワクチンが危険、のせいで死亡したアメリカ人は30万人を超えると推定している。今でも毎日400人が死亡していてその多くがワクチン未接種である。どうしてこうなったのか?何に失敗したのか?

(以下略)

 

-シドニーニュース:水曜日から、タクシーやライドシェアではフェイスマスクは最早義務ではない

Sydney news: Face masks no longer mandatory in taxis, rideshare services from Wednesday

https://www.abc.net.au/news/2022-09-20/masks-no-longer-mandatory-in-taxis-rideshare/101455248

NSWの公共輸送では明日からマスクはもう必要ない。州政府は人々はタクシーやライドシェアや船着き場の屋内エリアで、もうマスクをする必要はないと言う。Dominic Perrottet州首相はこれは常識に沿った、他の州に合わせたやり方だという。公共病院と介護施設ではマスクはまだ必要だろう。

 

-デバンキング(偽りを暴くこと)からプレバンキング(嘘に備える)へ:懐疑的活動は強まる反科学の脅威にあわせてどう進化しなければならないか

From Debunking to Prebunking: How Skeptical Activism Must Evolve to Meet the Growing Anti-Science Threat

Nick Tiller

From: Volume 46, No. 5 September/October 2022

https://skepticalinquirer.org/2022/08/from-debunking-to-prebunking-how-skeptical-activism-must-evolve-to-meet-the-growing-anti-science-threat/

1980年のNewsweekのエッセイでIsaac Asimovは反知性主義がアメリカの分断を深めていると書いたがその分断は拡大するばかりだった。アシモフは意図せず2022年のデマと疑似科学の破壊的影響を預言した。反科学運動は何世紀もかけて進化してきた:16世紀の進化論否定から最近の反ワクチン活動家まで。そのデマや歪んだ情報の影響とリーチはインターネットとSNSでかつてなく大きくなった。そしてその動きが速く、批判勢力が適応できていない。科学者や科学支援者は反科学運動と、そのリーチと効果における軍拡競争を余儀なくされている。

神話を否定する、デマを暴く、そして他の手段

医学においては「まず害をなさないこと」が広く受け入れられている倫理的義務である。これに従えば人々のもとに意思決定を阻害する嘘や悪い科学が入り込むことをとり除くことになる。だから私は多くのクリティカルシンカーと同様に、疑似科学の否定者であることに誇りをもっている。デバンキングは現代の懐疑主義運動の特徴である。

デバンキングは強いイデオロギー的信念をもつ科学否定論者に対しては比較的効果がない。

現代のツールとして解除可能性Defeasibility(どんな情報があればそのデマに基づく信念を変えるだろうか)とプレバンキングを使うことが重要である

懐疑主義の将来は、クリティカルシンキングの教育を優先しなければならない。

頑健なクリティカルシンキングスキルには科学教育だけでは十分ではない

 

-メキシコのGMトウモロコシ禁止の限界点が近づく

Near breaking point on Mexico’s GM corn ban

Jacqui Fatka | Sep 09, 2022

https://www.farmprogress.com/commentary/near-breaking-point-mexicos-gm-corn-ban

メキシコのバイオテクノロジーへのスタンスが米国の農家に影響を与えメキシコの消費者には高価格となるだろう

全ては2020年におこった。メキシコ大統領Andres Manuel Lopez Obradorが2024年までにヒト食用のGMトウモロコシの輸入を終わらせると発表した。その決定が今や米国の農家の害虫対策技術を制限し、米国の農家だけではなくメキシコの消費者にも高値として悪影響を与えようとしている。2024年に発効するGMトウモロコシ禁止はメキシコの食料不足を増やし食品輸入コストをあげ、米国とカナダの農家に費用のかかる変更を要求するだろうとCropLife Americaが委託してWorld Perspectives者が発表した報告書が言う。

The Economic Impacts of a Mexican Ban on GM Corn Imports

March 2022

https://croplife.org/wp-content/uploads/2022/06/WPI-Report-on-Mexico-GMO-Import-Approval-Stoppage-May-2022-FINAL.pdf

 

-アインシュタインは「ミツバチがいなければ人類はまもなく滅びるだろう」と言ったのか?

Did Einstein Say Without Bees, Mankind Would Soon Perish?

David Mikkelson

Published 24 June 2008 Updated 13 September 2022

https://www.snopes.com/fact-check/einstein-on-bees/

格付け 証明されていない

2002年にSnopesは、地球の生態系にとってのミツバチの重要性について、ノーベル物理学賞受賞者のAlbert Einsteinが「ミツバチがいなければ人類は4年のうちに滅びるだろう」と言った・書いたとされるという引用に出くわした。我々はアインシュタインが本当にそう言ったのかどうか探したが見つからなかった。またアインシュタインは1955年に死亡しているが、このような引用は1994年まではみつからず、突然養蜂家の言葉で新聞記事に出るようになった。1994年は欧州の養蜂家が安価な輸入蜂蜜に抗議した年である

(日本語での検索でも結構ひっかかる。何故アインシュタイン?)

 

-何故ダイエットコークはそんなに泡立つのか?

Why Is Diet Coke So Fizzy?

Ada McVean B.Sc. | 16 Sep 2022

https://www.mcgill.ca/oss/article/did-you-know/why-diet-coke-so-fizzy

砂糖の多いコークより泡立つ科学的理由がある

もし「コークとメントス」実験をするなら、使うのは普通のコーラではなくダイエットコーラにするといい。

 

-ニューロエモーショナルテクニックはカイロプラクティックと鍼と応用キネシオロジーの奇妙なハイブリッドである

The Neuro Emotional Technique Is a Bizarre Hybrid of Chiropractic, Acupuncture, and Applied Kinesiology

Jonathan Jarry M.Sc. | 16 Sep 2022

https://www.mcgill.ca/oss/article/medical-health-and-nutrition-pseudoscience/neuro-emotional-technique-bizarre-hybrid-chiropractic-acupuncture-and-applied-kinesiology

一部のカイロプラクターが自分たちの守備範囲を拡大しようとしてストレスを悪魔化している

COVID-19パンデミックの最中の2020年4月、YouTubeで「ストレスに晒されているStressed」というタイトルの動画が公開された。出演者の多くはカイロプラクティックドクターでニューロエモーショナルテクニック(N.E.T.)という手法を薦めている。N.E.T.はScott Walkerというカイロプラクターが始めたものでその有効性を調べた研究は対照群がない。

 

-「超加工」食品:なくならない栄養神話

'Ultra-Processed' Food: The Nutrition Myth That Won't Die

By Cameron English — September 15, 2022

https://www.acsh.org/news/2022/09/15/ultra-processed-food-nutrition-myth-wont-die-16559

Conversationが「超加工」食品の危険性についてもう一つのひどい記事を書いた。再び彼らが無視した科学を見てみる

哲学者アリストテレスは道徳的生活に必須なのは中庸であると説いた。このことは誰もが直感的に理解している。金曜の夜に友人と飲む飲み物2杯は問題無いが火曜日の夕方だけでビール12本を空にするのはアル中だろう。極端なことは避けた方が良い。残念ながら多くの栄養研究はこの学部の哲学を忘れて極論に走っているようだ。最近のConversationの記事「超加工食品:問題は栄養が少ないことだけではない」を見てみよう:

「私たちの多くは超加工食品が健康に有害であることに気がついている。しかしそれは単に栄養が乏しいからなのかははっきりしなかった。今、新しい二つの研究が健康リスクは栄養に乏しいだけではないことを示した。他の要因もある」

「超加工」食品とは何か?

この単語は、不正確な言葉を説明しない学者やジャーナリストによってなんとなく悪いものの同義語として広く使われている。それはほどほどに食べる分には有害ではないものに使われる役に立たない用語である。例えば全乳に子どもの必要な栄養素を加えて殺菌したものは小児科医が常に薦めるもので、一方加工していない未殺菌のミルクは子どもを病気にする可能性があるので米小児科学会は与えないよう警告している。

多様な食品や飲料を加工だけで分類するのは意味がない。

Conversationの引用している二つの研究は超加工食品を多く食べる人たちの死亡や大腸がんのリスクが高かったというものだが正確に加工度を調べたわけではない。

「超加工」のミームは複雑な公衆衛生の問題に簡単な答えがあるという見下しである。

(一部のみ、コメント欄が賑やか。食品企業の陰謀論。アメリカだと料理上手なおばさんもバーベキュー得意なおじさんも肥満のイメージがあるけれどそれは?)

 

-SMC NZ

慢性疲労症候群は障害に分類されるべきか?-専門家の反応

Should chronic fatigue syndrome be classified as a disability? – Expert Reaction

19 September 2022

https://www.sciencemediacentre.co.nz/2022/09/19/should-chronic-fatigue-syndrome-be-classified-as-a-disability-expert-reaction/

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)を障害に分類する請願が明日議会で読まれる予定。SMCは専門家にコメントを求めた。

(NZはこれについては患者団体の主張を支持する傾向がある。障害はなおらないものが対象というイメージがあるが。long Covidにもこの態度を当てはめるのかどうかはわからない)